人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: 米国経済が「末期医療センター」に移行。最後の毒薬の投薬準備に。

転載: richardkoshimizu’s blog


米国経済が「末期医療センター」に移行。最後の毒薬の投薬準備に。   作成日時 : 2012/09/01 11:01


http://richardkoshimizu.at.webry.info/201209/article_6.html






米国経済が「末期医療センター」に移行。最後の毒薬の投薬準備に。

FRB議長が、QE3実施を示唆。蛸の八ちゃん式FRB米国債追加お買い上げもやるそうです。ユダ金さん、つまらない地震なんか今更起こしても手遅れですよ。

「小泉進次郎人気」を煽る計画もどうせ立ち消え。橋の下CA制服着たまま新党も失速。縊死原脳震盪(しんとう)なんて完全な出遅れ。

尖閣も竹島も子分に騒がせても国民はそっぽ。北海道、沖縄は中国人観光客でごった返し。

中国・台湾が人民元直接取引開始。ますます、ドルの立場なし。実質崩壊済み。

力を失った過去のチャンピオンが、競争相手のシューズに画鋲を入れて妨害している。そんな状況ですね、ユダヤ米国さん。惨め。

<FRB>バーナンキ議長 追加緩和策の用意と発言
毎日新聞 8月31日(金)23時52分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120831-00000112-mai-bus_all

【ワシントン平地修】米連邦準備制度理事会(FRB)のバーナンキ議長は31日、米ワイオミング州ジャクソンホールで開かれている経済シンポジウムで講演し、「より強い経済回復と労働市場のより持続的な改善を促すために、必要な追加緩和策をとる用意がある」と発言した。一方、最大の焦点の量的緩和第3弾(QE3)については除外しないと述べたが、従来以上に踏み込んだ発言はなかった。

バーナンキ議長は、現在の米経済の回復ペースに強い不満を示し、「特に労働市場で更なる改善の達成が重要だ」との認識を表明し、必要に応じ追加緩和に踏み込む考えを示した。

また、バーナンキ議長は国債など大規模な資産を市場から購入する量的緩和策など「非伝統的」と呼ばれる政策について「効果がある」ことを強調。一方で、「伝統的な政策よりも導入のハードルは高い」とし、市場機能の阻害などの「コスト」にも目を配り、慎重に検討を進める姿勢を示した。

FRBは9月12、13日に、金融政策を決める連邦公開市場委員会(FOMC)を開催する。市場では米経済の減速を受けて、FRBが追加の金融緩和策に動くとの観測が強まっている。

FRBは08年の金融危機後、2度にわたり国債など大量の資産を購入して市場に資金を供給する量的緩和を実施。また、事実上のゼロ金利政策を「14年終盤」まで継続するとして、景気の下支えを図っている。







   



by d451ddpp | 2012-12-13 00:02 | 情報拡散希望
<< 転載: 北朝鮮直営エセ右翼のみ... 転載: 311人工地震テロリス... >>