人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: 習近平の背中の傷

転載: richardkoshimizu’s blog


習近平の背中の傷      作成日時 : 2012/09/07 09:41


http://richardkoshimizu.at.webry.info/201209/article_21.html






中国:媚米上海閥と胡錦涛派の暗闘は、最高潮のようで、江沢民一派は必死の巻き返しの模様。当初、引退後も手放さないと思われた軍事委員会主席のポストを胡錦涛が習近平に譲ろうとしている様子。

だが、習近平の周囲は既に胡錦涛派が包囲した。習近平一人が米国ユダヤ人の思惑通り中国を戦争に誘導しようとしても、難しい。 

胡主席、完全引退 軍事委トップも習氏で調整 腹心・李克強氏、副主席か
2012.9.3 06:56
http://sankei.jp.msn.com/world/news/120903/chn12090306580000-n1.htm

【北京=矢板明夫】中国の胡錦濤国家主席が今秋から来春にかけて、現在持っている共産党総書記、国家主席、党と国家の両中央軍事委員会主席の計4つのポストを全て習近平国家副主席に譲り、完全引退する方向で最終調整していることが分かった。複数の共産党筋が2日までに明らかにした。党総書記と国家主席からの引退は既定路線だが、両軍事委主席には留任する意向だった。しかし、党内の主導権争いで対立する江沢民前国家主席らに反対されたため断念したもよう。代わりに腹心の李克強副首相を副主席として軍事委入りさせる案が浮上している。

共産党指導部に近い情報筋によれば、8月初めに開かれた共産党内の現元最高幹部らによる非公式会合、北戴河会議で、胡主席が軍事委主席を含め全てのポストから引退する方針が決められた。

党と軍の一部から慰留する声があり、秋の党大会まで流動的な側面があるものの、「よほど大きな突発事件が発生しない限り、この人事は変わらないだろう」(同筋)という。


そんな状況下で、中国に物乞いに行ったロックフェラーの隠し子の女房と習近平の会見が中止に。「習副主席の背中の負傷」が原因とはいかに?テロられたんですか、まともな市民から?売国奴、習近平さん、無理に金融ユダヤ人のための政治をやると国士に命を狙われますよ。お大事に。情報感謝。

◆習近平次期主席とクリントン米国務長官の会談中止、その背景に政治的突発事態か?複数の見解―米メディア
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=64426&type=

= 米紙ウォール・ストリート・ジャーナルなど複数の海外紙は、その原因を「習副主席の背中の負傷」としている。負傷の程度に注目が集まっているようだ。=

シッポ振って会いに行きそうなものを。
いったい何が起きたのでしょうか?

ランスロット






   



by d451ddpp | 2012-12-16 22:02 | 情報拡散希望
<< 転載: 開票に関与する予定のかた 転載: 人間の屑の研究 >>