人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: この微妙な時期にユダヤ傀儡の習近平に何かあっては

転載: richardkoshimizu’s blog


この微妙な時期にユダヤ傀儡の習近平に何かあっては     作成日時 : 2012/09/17 20:59


http://richardkoshimizu.at.webry.info/201209/article_68.html








                            


    


この微妙な時期にユダヤ傀儡の習近平に何かあっては、次期ユダ金隷属中国政府が実現不能になると恐れたNYの金融ユダヤ頭目が、緊急に国防長官を派遣して習近平と会見を組む。これで米国が習一派に与しているとの印象を与え、10月の党大会で主席就任を確実にしたいのであった。

だが、二週間の間に習になにがあったのか?車追突後遺症を押しての無理な再登場?胡錦涛政権に拘束されていた?肝臓手術が終わった?とにかく、顔が気味悪いのは確かw。

米国防長官、習近平氏と会談へ=健康不安説払拭か
時事通信 9月17日(月)19時13分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120917-00000096-jij-int

【米国防長官搭乗機内AFP=時事】米政府当局者は17日、パネッタ国防長官が北京で中国の習近平国家副主席と会談することを明らかにした。訪日を終え、中国に向かう搭乗機内で語った。

習近平氏は5日にクリントン国務長官との会談を突然キャンセルするなど2週間近く公の場から姿を消していたが、15日に北京市内の大学のイベントに姿を現したばかり。健康不安説は払拭(ふっしょく)されるのか、パネッタ氏との会談が注目される






     



by d451ddpp | 2012-12-30 21:45 | 情報拡散希望
<< 転載: (再 掲) 不正選挙:... 転載: 毎日さんの記事の読むべ... >>