人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: あーあ。だめだこりゃ。

転載: richardkoshimizu’s blog


あーあ。だめだこりゃ。       作成日時 : 2012/09/19 13:26


http://richardkoshimizu.at.webry.info/201209/article_78.html






あ~あ。だめだこりゃ。でも、中国一般国民は戦争なんかまっぴらごめん。次は「反習近平デモ」「理性愛国」「反対暴力」の声が上がりますね。弾圧するんでしょ、ユダ金傀儡の習近平さん。

ということで、反日デモは反日デモではなかったんですね。

ユダ金さん、手の込んだことやりましたが、手下の産経なんかに本当のこと書かせちゃダメじゃないですか。

習の強硬路線ですが、経済優先の一般国民は「冗談じゃない」でしょう。報道統制するでしょうが、海外から中国に真相を注入しましょう。


中国125都市 反日デモ 胡政権の路線否定 習副主席主導で強硬転換
2012年9月19日(水)08:14
http://news.goo.ne.jp/article/sankei/world/snk20120919085.html

【北京=矢板明夫】日本政府による沖縄県・尖閣諸島の国有化を受け、中国で一連の強硬な対抗策を主導しているのは、胡錦濤国家主席ではなく、中国共産党の次期総書記に内定している習近平国家副主席であることが分かった。胡政権による対日協調路線が中国の国益を損なったとして、実質上否定された形。中国政府の今後の対日政策は、習氏主導の下で強硬路線に全面転換しそうだ。

複数の共産党筋が18日までに明らかにした。それによれば、元・現指導者らが集まった8月初めの北戴河会議までは、党指導部内では尖閣問題を穏便に処理する考えが主流だった。「尖閣諸島を開発しない」などの条件付きで、日本政府の尖閣国有化についても容認する姿勢を示していた。

しかし、8月10日の韓国の李明博大統領による竹島上陸や日本世論で強まる中国批判などを受け、状況が一変した。「なぜ中国だけが日本に弱腰なのか」と党内から批判が上がり、保守派らが主張する「国有化断固反対」の意見が大半を占めるようになったという。

9月初めには、胡主席を支えてきた腹心の令計画氏が、政権の大番頭役である党中央弁公庁主任のポストを外され、習氏の青年期の親友、栗戦書氏が就任。政策の策定・調整の主導権が習氏グループ側に移った。

軍内保守派に支持基盤をもつ習氏による、日本の尖閣国有化への対抗措置は胡政権の対日政策とは大きく異なる。胡氏はこれまで、日本製品の不買運動や大規模な反日デモの展開には否定的だったが、習氏はこれを容認し推奨した。

また、国連に対し東シナ海の大陸棚延伸案を正式に提出することも決定。尖閣周辺海域を中国の排他的経済水域(EEZ)と正式宣言することに道を開き、日本と共同で資源開発する可能性を封印した。これは、2008年の胡主席と福田康夫首相(当時)の合意を実質的に否定する意味を持つ。このほか、中国メディアの反日キャンペーンや、尖閣周辺海域に監視船などを送り込んだことも含め、すべて習氏が栗氏を通じて指示した結果だという。

習氏が今月約2週間姿を見せなかったのは、一時体調を崩していたことと、党大会準備や尖閣対応で忙しかったためだと証言する党関係者もいる。習氏が対日強硬姿勢をとる背景には、強いリーダーのイメージを作り出し、軍・党内の支持基盤を固める狙いもある。







    



by d451ddpp | 2013-01-03 21:52 | 情報拡散希望
<< 転載: 米・NY反格差社会デモ... 転載: 不正選挙の総本山、総務... >>