人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: 米ユダヤ謀略紙が誤認記事。訂正させていただきます。

転載: richardkoshimizu’s blog


米ユダヤ謀略紙が誤認記事。訂正させていただきます。      作成日時 : 2012/09/24 11:09


http://richardkoshimizu.at.webry.info/201209/article_103.html






米ユダヤ謀略紙が誤認記事。訂正させていただきます。

日本で「右傾化」のふりをしているのは朝鮮人と部落とホモと北朝鮮シンパの極左だけです。日本人比率の最も低い類の社会集団です。しかもジェスチャーだけであり、中身は社会最下層の塵芥てんこもりです。これらのエセ右翼を組織したのが、WP大新聞を支配するのと同じユダ公です。もう全部バレています。

WPともあろうものが、朝鮮労働党と統一協会による日本国内の「民族派」組織化・育成計画を知らないわけがなく、いまさら「右傾化」なんて背中が痒くなるような記事を書いている場合ではないと思いますが。

従って、日本は右傾化しているのではなく、ユダ公と手先の統一邪教が必死に右傾化させようと画策してきたが集まるのは馬鹿と異常者だけというのが正解です。おまけに右傾化謀略の要、文賎迷はおくたばりの儀。

(ちなみに橋の下下半身担当市長が竹島を日韓共同統治すると言い出したのは、狂粗おくたばりの儀に伴う混乱で、日韓問題は小休止したいという裏社会のシグナルでしょうか?)

米有力紙、一面で「日本が右傾化」
TBS系(JNN) 9月22日(土)12時27分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20120922-00000014-jnn-int

アメリカの有力紙「ワシントンポスト」は尖閣諸島をめぐる中国との領有権争いなどを受け、「日本が右傾化している」と題する記事を一面に掲載しました。

この中で、ワシントンポストは「日本は徐々にだが右傾化への重要な変化の途上にある」としたうえで、「こうした変化が日本の外交安全保障政策に厳密にあてはまる」と指摘しました。その上で、日本国内の安全保障問題への関心の高まり、自衛隊の役割強化や憲法改正へ向けた動きなどを詳しく紹介する一方、「こうした変化は日本が中道路線へ向け動き始めただけのこと」とする日本の専門家の意見もあわせて掲載しています。

アメリカの有力紙が日本の内政関連の記事を一面で掲載するのは珍しいことで、日本の世論の変化に対するアメリカの関心の高さを表わしたものといえます。(22日07:34)最終更新:9月23日(日)19時26分

橋下大阪市長、「竹島の韓日共同管理」主張
2012年09月24日08時57分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
http://japanese.joins.com/article/061/160061.html?servcode=A00§code=A10

日本政界に「独島(ドクト、日本名・竹島)韓日共同管理論」が出てきた。新党「日本維新の会」の代表就任が内定している橋下徹大阪市長(43)は23日、「(韓国の)実効支配を武力でひっくり返すのは無理」とし「どうやって(韓日)共同管理に持ち込むかという路線にかじを切らなければいけない」と述べた。

橋下氏のこうした発言は、「竹島は日本固有の領土」であることを守る日本政府の従来の立場から大きく後退したものだ。特に自民党の安倍晋三元首相と手を握り、韓中に対して強硬姿勢を見せてきた橋下市長が「独島共同管理論」を持ち出したことで、独島をめぐる政界の論争も激しくなる見込みだ。

橋下氏はこの日、大阪で開かれた政策討論会で、「国際司法裁判所(ICJ)に提訴すれば、相手がこれに義務的に応じる『義務的管轄権』を韓国に受諾させるよう働きかけるべきだ」とし「しかし(独島に)韓国警備隊が常駐し、蓄積された事実を、今さら武力でひっくり返すことができないのなら、共同管理に持ち込むしかないのでは」と主張した。

また「(韓日間の対立の)根元にある従軍慰安婦(日本軍慰安婦)問題について、どこまで認めるのかを韓国側と議論し、(独島の)共同管理という話に持ち込まなければならない」と強調した。

これは韓国が要求している慰安婦問題に対する▽日本の国家責任を認める▽国家レベルの賠償と独島共同管理問題を一括妥結する--という主張と解釈される。

橋下氏が率いる「日本維新の会」は最近、次期総選挙関連の各種世論調査で約100席を獲得し、自民党に次ぐ第2党になる可能性が高いと予想されている。








 



by d451ddpp | 2013-01-11 23:33 | 情報拡散希望
<< 転載: <尖閣問題>本当の敵は... 転載: 「偽装放射能パニックが... >>