人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: これ、創価の組織的保険金殺人を助長しませんかね?

転載: richardkoshimizu’s blog


これ、創価の組織的保険金殺人を助長しませんかね?      作成日時 : 2013/01/16 17:47


http://richardkoshimizu.at.webry.info/201301/article_137.html






これ、創価の組織的保険金殺人を助長しませんかね?

公明党から要求が出て方針を決めたのですか?w

893業界も需要が増えれば収入も増えるのでホクホクですね。

奥さんが創価で知り合いに保険外交員がいるご主人、「食事や酒の味」にご注意ください。

特に車を運転することがある場合、不用意に飲食しない方が....


死亡保険金への相続税を軽減…政府・与党が方針

読売新聞 1月16日(水)7時11分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130115-00001653-yom-bus_all

政府・与党は、世帯主が亡くなった時に、配偶者や子供が受け取る死亡保険金にかかる相続税を軽減する方針を固めた。

夫が病死し、妻や子供が残されたような家庭を支援する。相続税の対象となる保険金のうち、非課税にできる金額を配偶者や未成年の子供の人数に応じて増やし、多くの保険金が手元に残るようにする。

24日までにまとめる与党税制改正大綱に盛り込む。与党は相続税全体では課税を強化する方針だが、母子家庭などには配慮することにした。

例えば、夫婦と未成年の子供2人の世帯で夫が亡くなり、妻が2000万円の死亡保険金を受け取った場合、現行は「法定相続人数(妻と子供の計3人)×500万円」=1500万円分が課税の対象から外れる。保険金からこの分を差し引いた500万円が相続税の対象の財産となる。政府・与党では、現行制度の非課税枠に、1人あたり500万円を加える案が出ている。この案通りになれば、夫婦と未成年の子供2人の世帯では、非課税枠は2倍の3000万円となり、死亡保険金が2000万円なら課税されないことになる。
.
最終更新:1月16日(水)7時11分










  



by d451ddpp | 2013-01-16 22:37 | 情報拡散希望
<< 転載: 日刊ゲンダイが事実上の... 転載: 警察扱い遺体17万体、... >>