人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: iPS細胞で心筋再生

転載: richardkoshimizu’s blog


iPS細胞で心筋再生      作成日時 : 2012/10/11 09:19


http://richardkoshimizu.at.webry.info/201210/article_29.html








                


                   


iPS細胞で心筋再生

臓器移植に最も熱心だったのが、イスラエル。はやい時期に中国の死刑囚に目をつけて、集団臓器移植ツアー開催。死刑囚からもらった臓器でイスラエルなどの金持ちが延命。(中国当局は巨額ビジネスになると知り、以後、便宜を図る。移植手術をする病院で死刑執行すら。)

ユダ金の長年のテーマの一つが「不老長寿」。自分のクローン人間を作って臓器取り出しなんていう恐ろしいハリウッド映画もあったが、京大山中教授の研究が進めば「傷んだ臓器を補修する」くらいは結構出来るかもしれない。

そうなると、ユダ公も恩恵を受けることができる。96歳の悪魔や悪魔仲間も二つ三つ臓器を再生してあと15年生きるか?そのためにはノーベル賞を与えて脚光を浴びさせ、世界中で応用研究を進めさせたほうがユダ金の利益になると考えたのか?

高度医療ゆえ、大金持ちしか利益を享受できない?だとしても世界に膨大な市場が生まれる可能性がある。ロックフェラー医療が現代の主流である以上、ユダヤ人たちはこの新規ビジネスの主導権を握り利益を独占したいはずだ。
(この新医療の倫理性についての議論はここではしません。)

iPS心筋移植、ハーバード大で…初の臨床応用
読売新聞 10月11日(木)7時31分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121010-00001635-yom-sci

あらゆる種類の細胞に変化できるiPS細胞(新型万能細胞)から心筋の細胞を作り、重症の心不全患者に細胞移植する治療を米ハーバード大学の日本人研究者らが6人の患者に実施したことが、10日わかった。

iPS細胞を利用した世界初の臨床応用例で、最初の患者は退院し、約8か月たった現在も元気だという。ノーベル生理学・医学賞の受賞が決まった京都大の山中伸弥教授がマウスでiPS細胞を作製してから6年、夢の治療として世界がしのぎを削る臨床応用への動きが予想以上に早く進んでいる実態が浮き彫りになった。

iPS細胞を利用した心筋の細胞移植を行ったのは、ハーバード大の森口尚史(ひさし)客員講師ら。森口講師は、肝臓がん治療や再生医療の研究をしており、東京大学客員研究員も務める。現地時間10、11日に米国で開かれる国際会議で発表するほか、科学誌ネイチャー・プロトコルズ電子版で近く手法を論文発表する。








   



by d451ddpp | 2013-01-26 22:05 | 情報拡散希望
<< 転載: 創価学会は地下銀行でご... 転載: 「悪意」が悪用される。 >>