人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: 米国の本当の失業率は22.8%。

転載: richardkoshimizu’s blog


米国の本当の失業率は22.8%。     作成日時 : 2012/11/06 10:45


http://richardkoshimizu.at.webry.info/201211/article_21.html




米国の本当の失業率は22.8%。

2013年には、これが劇的に増える。今は公式発表の失業率が8%を下回ったと騒いで景気回復を偽装しているが。失業率を下げるには「就業意欲喪失者」の数を増やせばいい。二週間求職活動をしないと失業者の範疇から外される。

就業意欲喪失者を失業者の統計から外せば、失業率はすぐに下がる。この手口で景気回復を偽装してきた。誰が?アメリカの無能な金融資本主義者どもが。

米国の本当の失業率は、22.8%である。この事実を国民が知れば収拾がつかなくなる。暴動。略奪。放火。治安の崩壊。戦争をでっち上げてウヤムヤにしようと企んでも、誰も戦争に付き合ってくれない。中国すらも。そして、その失業者の数は、これから増えていく。もはや、隠蔽のしようがないレベルまで。

さあ、日本民族は世界的な経済破綻に備えよう。いち早く再起して新生日本を作る心構えを持とう。ユダヤ人どもが戦争さえ起こせなければ、連中は自滅し、世界は一旦廃墟になりはするが再建される。日本人の手で。

●盲目的な希望あるのみ・・本当の失業率は22.8%である!合衆国は終わってるのだ!
http://www.asyura2.com/12/hasan78/msg/373.html




--------------------------------
richardkoshimizu's blog

http://richardkoshimizu.at.webry.info/
--------------------------------


            




by d451ddpp | 2013-02-18 22:05 | 情報拡散希望
<< 転載: 日刊ゲンダイが事実上の... 転載: 雨の日は少し心静かに。 >>