人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: 太陽の季節

転載: richardkoshimizu’s blog


太陽の季節      作成日時 : 2012/11/12 23:25


http://richardkoshimizu.at.webry.info/201211/article_65.html






                                 


                


縊死原の「太陽の党」のネーミング発想原点....自分じゃ、流行作家だった頃の名声が使えると思ってるんでしょうね。爺さん婆さん票狙いですね。
                            


                               


                            

                         


                           


『太陽の季節』(たいようのきせつ)は、石原慎太郎の短編小説。1955年(昭和30年)、文芸雑誌「文學界」7月号に掲載。第1回(1955年度)文學界新人賞を受賞。翌年1956年(昭和31年)1月23日に、第34回(1955年下半期)芥川賞を受賞。単行本は1956年(昭和31年)3月に新潮社より刊行された。現行版は新潮文庫で重版されている。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%AA%E9%99%BD%E3%81%AE%E5%AD%A3%E7%AF%80

太陽族 [編集]

本作の芥川賞受賞を受けて「週刊東京」誌で行なわれた石原慎太郎と大宅壮一の対談で、大宅が「太陽族」との言葉を用いたことから、特に夏の海辺で無秩序な行動をとる享楽的な若者(慎太郎刈りにサングラス、アロハシャツの格好をしているヤンキー)のことを指す言葉として流行語化した[8]。

本作の映画化に続き制作された、同じく石原慎太郎原作の『処刑の部屋』(1956年6月公開)、『狂った果実』(1956年7月公開)を「太陽族映画」と称して、未成年者の観覧を禁止するなどの自主規制が各地で実施され[9]、社会現象ともなった。この「太陽族映画」規制の問題は、映画業界以外の第三者を加えた現在の映倫管理委員会(映倫)が作られるきっかけとなった。問題の背景として「太陽族映画」を観て影響を受けたとして、青少年が強姦や暴行、不純異性行為など様々な事件を起こし社会問題化した。[10]

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%AA%E9%99%BD%E3%81%AE%E5%AD%A3%E7%AF%80#.E5.A4.AA.E9.99.BD.E6.97.8F







--------------------------------
richardkoshimizu's blog

http://richardkoshimizu.at.webry.info/
-------------------------------








  



by d451ddpp | 2013-03-04 22:41 | 情報拡散希望
<< 転載: こいつ、本当はアカだっ... 転載: 大人と子供の会話集。 >>