人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: 「大半は、長老の江沢民氏につながるメンバーで固められるもよう」

転載: richardkoshimizu’s blog


「大半は、長老の江沢民氏につながるメンバーで固められるもよう」   作成日時 : 2012/11/14 13:54


http://richardkoshimizu.at.webry.info/201211/article_85.html




「残る5つの席をめぐる争いでは、当初、胡錦涛氏に近い改革派が入ることが有力視されていたが、駆け引きの末、大半は、長老の江沢民氏につながるメンバーで固められるもよう。」

とありますが、フジサンケイの報道も日々変遷しているので、これだけでは判断しようがないですね。

互いに汚職ネタで攻撃しあっている最中でしょうから。小松菜で。

中国共産党大会、14日閉幕 最高指導部の新体制の顔ぶれに注目
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00235355.html

中国・北京で開かれている共産党大会が、14日に閉幕する。これを受けて、15日には、新しい最高指導部が誕生するが、激しい権力闘争の末、新体制が、どういった顔ぶれとなるのか、注目されている。

1週間にわたり、開かれていた共産党大会は、中央委員を選ぶ選挙など、最後の日程が行われている。

このあと、胡錦涛総書記の演説があり、閉幕する。

胡錦涛国家主席は、共産党トップの総書記を退くにあたり、自らが提唱した「科学的発展観」を重要思想として、党の規約に盛り込むとみられ、毛沢東氏やトウ小平氏など、歴代指導者と同列に並べ、権威づけをする。

党大会は14日、選挙で、およそ200人の中央委員を選んで閉幕し、15日、この中央委員の全体会議で、最高指導部の政治局常務委員が決まる。

しかし、こうした過程は、海外メディアには公開されない。

常務委員は、これまでの9人から7人に減り、現在の常務委員からは、習近平氏、李克強氏が残る見通し。

残る5つの席をめぐる争いでは、当初、胡錦涛氏に近い改革派が入ることが有力視されていたが、駆け引きの末、大半は、長老の江沢民氏につながるメンバーで固められるもよう。

激しい政治闘争の結果、誕生する最高指導部の顔ぶれは、日本時間15日正午に明らかになる。






--------------------------------
richardkoshimizu's blog

http://richardkoshimizu.at.webry.info/
--------------------------------





 



by d451ddpp | 2013-03-10 21:58 | 情報拡散希望
<< 転載: これ、創価の組織的保険... 転載: 獨立党都知事選公認候補... >>