人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: 「上訴権放棄の対応をとったのは....早期に被告の立場から解放しようという考えが根底にあ

転載: richardkoshimizu’s blog


「上訴権放棄の対応をとったのは....早期に被告の立場から解放しようという考えが根底にある。」だと?      作成日時 : 2012/11/19 15:23


http://richardkoshimizu.at.webry.info/201211/article_129.html






                                

↑ 拾い物です。


「上訴権放棄の対応をとったのは.....早期に被告の立場から解放しようという考えが根底にある。」だと?ふざけるな、創価毎日。そんな崇高な精神があるなら最初から起訴するな!ゴロツキども。死帝弁護士に批判が集まるのを避けるために、今度は弁護士擁護か?呆れて何も言えない。

お前たちは、上告しても最高裁で敗訴するのは分かっている。そこまで追い込んでも小沢さんの冤罪イメージが強化されるだけで、裏社会の利益にならないと判断したんだろう。

選挙戦さ中の今、小沢さんに注目があたるのを避けるためにあえて上告を取りやめた。そして、司法の歪さ、異常さを国民に植えつける結果だけが残った。裏社会は馬鹿の似非右翼とクズの死帝弁護士を使って墓穴を掘った。馬鹿だからである。

金融ユダヤ人が優秀だって?どこがぁ?

<陸山会事件>上訴権放棄、早期の判断モデルに…小沢氏無罪
毎日新聞 11月19日(月)13時22分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121119-00000031-mai-soci

3人の指定弁護士が最高裁への上告期限を1週間残した時点で小沢一郎「国民の生活が第一」代表の無罪を確定させる上訴権放棄の対応をとったのは、上告要件を満たすのが難しい以上は早期に被告の立場から解放しようという考えが根底にある。強制起訴制度の開始以降、指定弁護士が上告判断を迫られたのは初のケースで、今後のモデルになりそうだ。

検察が控訴や上告などの上訴権を放棄するのは、検察自体が無罪主張に転じたケースなどに限られる。これに対し小沢代表の公判では検察審査会による起訴議決は有効とされ、指定弁護士も有罪主張を変えることはなかった。その意味で検察とは異なるスタンスでの上訴権放棄となった。

一方、上告の可否の判断では指定弁護士は検察と同様の高いハードルを課した。1審判決は「元秘書との共謀を疑うには相応の根拠がある」とし、2審も大筋で追認しており、無罪判決に「事実誤認がある」との理由で上告手続きをとるのは不可能ではない。だが、最高裁は憲法違反や判例違反を審理する「法律審」で、事実審理を求めても大半が「上告理由に当たらない」として退けられることを考慮したとみられる。

検察審査会法は、指定弁護士が起訴議決に従って「速やかに起訴しなければならない」と定めるが、控訴や上告に関する詳しい規定はない。代表の公判で3人は「市民の判断に対する責任」と「被告の利益」の間で手探りの訴訟活動を迫られた。今回の裁判を契機に制度改善に向けた議論が求められる。【鈴木一生】





--------------------------------
richardkoshimizu's blog

http://richardkoshimizu.at.webry.info/
--------------------------------




   



by d451ddpp | 2013-03-23 23:19 | 情報拡散希望
<< 転載: オウムと創価学会:出頭... 転載: そういう観点もありましたね。 >>