人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: 通告

転載: richardkoshimizu’s blog


通告       作成日時 : 2012/11/28 10:37


http://richardkoshimizu.at.webry.info/201211/article_198.html




通 告

日本は世界有数の産油国になりました。日本企業が開発したバイオエタノール製造方法は、雑草や木片、紙くず、ゴルフ場の芝のセルロースを原料に特殊な酵素を使って、従来方法の3倍のエタノールを生産でき、製造コストは、従来の三分の一のリッター50円です。採算ラインの100円の半分です。しかも設備は非常にコンパクトです。

もうエ糞ン・モービルの石油・ガスは不要ですのでユダヤ石油メジャーは、日本からお引き取りください。尚、日本周辺のメタン・ハイドレートも今後開発しますので数十年分の天然ガスの輸入も不要になります。ユダヤ人の皆さん、お役目ご苦労様でした。ゲットーへお帰りください。

2011年04月22日

植物性廃棄物からバイオエタノール 岐阜のベンチャー開発

http://www.econoha.jp/what/info.html?id=2424

環境ベンチャーのコンティグ・アイ(岐阜市正木、鈴木繁三社長)は、バイオエタノール事業に注力する。セルロースを含む植物性廃棄物を自社開発の酵素で糖化、発酵、蒸留して、燃料となるバイオエタノールにするノウハウを提供する。

同社は2003年設立。岐阜大学での研究を基にセルロースを糖化する酵素を開発した。刈り取ったゴルフ場の芝、木材、紙、食品残さなど、従来は産業廃棄物16 件として処理されるものを原料にする。

バイオエタノールの原料にはトウモロコシやサトウキビが多く使われているが、同社の酵素を使用した場合、芝などでも糖化効率はさほど変わらないという。セルロースが多い紙では1トンから約450キロのバイオエタノールが製造可能。バイオエタノールになるまで約5日間かかる。

同社は製造には携わらず、顧客企業にノウハウと製造プラントの設計、運用に必要な酵素を提供するビジネスモデルを採用している。顧客は食品・飲料品メーカーやゴルフ場、種苗業など。

こうしたビジネスモデルは08年度に経済産業省の「大学発ベンチャーに関する基礎調査」で「光る大学発ベンチャー20選」に選ばれたほか、今年2月に県内地銀などによるベンチャー企業コンテストで優秀賞を受けた。

2010年10月期の売上高は1億2000万円。視察を希望する顧客の利便性を高めるため、4月には実証プラントを三重県亀山市から羽島市に移転した。鈴木社長は「東日本大震災もあり、地域でエネルギーを作り出す循環型社会への転換が進むだろう。バイオエタノールの応用先、利用方法の拡大を図りたい」と話している。

出典:岐阜新聞




--------------------------------
richardkoshimizu's blog

http://richardkoshimizu.at.webry.info/
--------------------------------


   



by d451ddpp | 2013-04-10 23:22 | 情報拡散希望
<< 転載: 日本の主敵、311テロ... 転載: 極右発言・“妄言製造機... >>