人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: 米上院「尖閣に安保適用」全会一致…中国けん制

転載: richardkoshimizu’s blog


米上院「尖閣に安保適用」全会一致…中国けん制        作成日時 : 2012/12/01 08:47


http://richardkoshimizu.at.webry.info/201212/article_2.html




米国ユダヤ人が自らの謀略ででっち上げた尖閣問題による日中軋轢。

「尖閣」を日中問題から中米問題に発展させ、なんとしても極東戦争を起こして戦争インフレ経済を捏造し鬼畜通貨米ドルを防衛したいので、「尖閣を中国が占領したら、米軍を出す。」と米議会が宣言。

あとは、頼みの綱の習近平総書記に、激しく反発してもらいなんとか戦争に付き合ってもらえるよう根回しするが、中国側もユダ金の魂胆などとっくに承知。

習近平は周囲に後ろから羽交い絞めされても、無理やり戦争へと舵を切れるか?

無理無理。世界中がユダヤ人の魂胆、丸分かり。

米上院「尖閣に安保適用」全会一致…中国けん制
読売新聞 11月30日(金)20時4分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121130-00001080-yom-int

【ワシントン=山口香子】米上院は11月29日の本会議で、沖縄県の尖閣諸島が日本の施政下にあり、また、日米安全保障条約の適用対象であることを確認する条項などを、2013会計年度(12年10月~13年9月)国防権限法案に追加する修正案を全会一致で可決した。

同様の立場を明確にしているオバマ政権と歩調を合わせることで、中国をけん制する狙いがある。

修正案は、アジア太平洋の外交・安全保障に関心が高いジェームズ・ウェッブ議員(民主党)が主導し、共和党の重鎮ジョン・マケイン議員らと共同提案した。

中国を念頭に、「第三者による一方的行動は、尖閣諸島における日本の施政権を認めるという米国の判断にいかなる影響も与えない」との文言を明記。米国の対日防衛義務を定めた日米安保条約5条が尖閣諸島に適用されるとの米政府の立場についても「(同)条約に基づく日本政府への責任を再確認する」とした。

さらに、尖閣諸島海域を含む東シナ海を「アジア太平洋すべての国に利益をもたらす重要なシーレーン(海上交通路)」と位置づけ、「航行の自由」を守ることが米国の国益にかなうとした。
最終更新:11月30日(金)20時4分




--------------------------------
richardkoshimizu's blog

http://richardkoshimizu.at.webry.info/
--------------------------------






by d451ddpp | 2013-04-15 21:56 | 情報拡散希望
<< 転載: 森ゆうこ先生:野田政権... 転載: お願い。 >>