人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: 橋の下公約:

転載: richardkoshimizu’s blog


橋の下公約:      作成日時 : 2012/12/01 10:16


http://richardkoshimizu.at.webry.info/201212/article_7.html





                       


                     


橋の下公約:

「最低賃金制を廃止し、超低賃金の労働者を増やして若年層にかつかつの生活を強いり、社会不安を醸成します。目的は、生活のできない若年層を大挙して「軍隊」に追い込むことです。中国との戦争には兵士が必要なので。」

「勿論、給料を下げたいだけ下げられるようにしておき、雇用者を増やさなければますます人件費が抑えられるので、大企業のユダヤ株主さんは大喜びです。今は雇用者を増やすどころか減らしたい状況なので、好都合です。」

「生活保護は高すぎるということにして、負の所得税と名前を変えて減額します。ユダヤ米国様への上納金が31兆円もあるので、こんなのでは大した国費節約にはなりませんが、これも若年層を貧困に追い込んで殺伐とした社会を作るためです。社会不安は、戦争への道を整備します。」

「最低賃金廃止で国民の所得を減らすことでGDPを押し下げる。消費を抑制して税収を減らす。つまり、ユダヤ様ご希望の「日本経済の弱体化」も目的のひとつです。」

以上、橋の下さんの代わりに解説いたしました。

最低賃金廃止、橋下氏「雇用狙い」 維新公約に波紋
朝日新聞デジタル 11月30日(金)14時52分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121130-00000023-asahi-pol

日本維新の会代表代行の橋下徹大阪市長は30日、維新の政権公約「骨太2013~2016」に盛り込んだ「最低賃金制の廃止」について、雇用の創出が狙いだと説明。「ハードルを課せば、最低賃金を出せない企業や、本当ならあと2、3人雇えるのに1人しか雇えないという企業もある。できるかぎり多くの雇用を生み出したい」と述べた。市役所で報道陣に語った。

一方で、収入が一定水準を下回る人については、所得税を免除し、逆に国が一定額を給付する「負の所得税」の考え方を導入し、国が最低限の収入を保障する考えを表明。最低限の収入の水準については「専門家が意見を出して制度設計する話。今の段階で出せない」として明示せず、「今の生活保護の支給基準は高すぎるところがある。負の所得税的な考え方では、水準は下がる」とも述べた。

ネット上では、維新が公約に明記した「最低賃金制の廃止」について書き込みが相次いでいる。「労働する国民を奴隷化するものだ」「望むのは財界だけだろう」との批判の一方、「反対が出るだろうが、一石を投じるのは悪くない」と理解を示すものもある。






--------------------------------
richardkoshimizu's blog

http://richardkoshimizu.at.webry.info/
--------------------------------



   
   




by d451ddpp | 2013-04-16 22:29 | 情報拡散希望
<< 転載: すごいね、こりゃ。 転載: ご注意! >>