人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: 「財政の崖」を口実にして、ユダヤ米国が巨額借金の踏み倒しをやるのでは?

転載: richardkoshimizu’s blog


「財政の崖」を口実にして、ユダヤ米国が巨額借金の踏み倒しをやるのでは?       作成日時 : 2012/12/24 08:34


http://richardkoshimizu.at.webry.info/201212/article_278.html






「財政の崖」を口実にして、ユダヤ米国が巨額借金の踏み倒しをやるのでは?と危惧してきましたが、そろそろ真面目に注視すべきようです。(注:CNNが新ドル交換を記事にしているわけではないのでご留意ください。)

「オバマ大統領がアメリカの財政危機を救うためと称して....最後の禁じ手の実行....新ドルと旧ドルとの交換比率を10:1....米国の借金は一気に10分の1に減少....米国の借金は消えたも同然....」

そのままでは、米国国民の資産も10分の1かそれ以下になってしまうから、米国国籍を持つ者の所持する旧ドルは10:10くらいで交換する。米国民はあんまり困らないから受け入れる。暴動も起きない。

借金を踏み倒されるのは、外国投資家、米国債を保有する外国政府、銀行等金融筋。

....というご計画、実施されますか?一発で米国の信用は地に落ちます。誰も相手にしなくなります。基軸通貨の座もTHE ENDです。

CNNの元記事は....

http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MF0ED36JIJWK01.html

それでも、世界が米国に頼らざるを得ない状況を作り出すには、やっぱり、「極東大戦争」が必要ですね、ロックフェラー爺さん。

だから、気が狂ったように日本で「大不正選挙」をやって、大至急中国と戦争をできる国に作り替えたいんですね。了解です。

情報感謝。みなさんの情報を求めます。

米国発の世界経済の混乱
http://www.y-asakawa.com/Message2012-2/12-message129.htm

米国・CNNが奇妙な記事を伝えている。「財政の崖」の協議の行方を見守るため、金融市場に席を置く人々がクリスマス休暇や正月休暇を返上して、自宅や事務所で待機するというニュースである。

議会はクリスマスには動かないというのが通例である米国において、審議の実行を前提にクリスマス 休暇を返上して、待機するというのはなんともおかしなことである。不思議なのは、有名なアナリストのチャード・ウィッテントン氏が「審議しても、しなくても状況を見守る必要がある」と述べている点である。

さらに興味をひく点は、「財政協議は山場を迎えている。いちかばちかの賭けだ。いずれにしても、その結果は来年1月の防衛株の動向に重要な影響を及ぼすだろう 」という点である。なにゆえ財政の論議の行方が防衛株に影響を及ぼすことになるのか?  この発言の裏には重大な情報が隠されていそうである。

財政協議の進展次第では、オバマ大統領がアメリカの財政危機を救うためと称して、何かとてつもない政策を発表する ことになるかもしれない。万策尽きた米国にとって最後の禁じ手の実行である。その一つとして考えられることは、来年から発行されると言われている新ド ルと旧ドルとの交換比率を驚くような数値として発表する可能性である。

仮にそれが、10:1となればFRB(米連邦準備制度理事会)が発行している米国国債、つまり米国の借金は一気に10分の1に減少することになる。さらにその比率が高ければ高いほど、米国の借金は消えたも同然となる。但し、この処置がそのまま実行されれば、米国国民の資産も10分の1かそれ以下になってしまう。そのため、米国国籍を持つ者の所持する旧ドルは10:10、もしくは、10 :8とか10:7とする。 (以下、略)






--------------------------------
richardkoshimizu's blog

http://richardkoshimizu.at.webry.info/
--------------------------------




  



by d451ddpp | 2013-07-07 22:30 | 情報拡散希望
<< 転載: 日本各地で見つかる不発... 転載: 投票用紙に秘密が >>