人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: B787問題で浮上、超巨大「ボーイング」への“部品供給リスク”

転載: richardkoshimizu’s blog

B787問題で浮上、超巨大「ボーイング」への“部品供給リスク”    作成日時 : 2013/02/10 08:34

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201302/article_60.html





B787問題で浮上、超巨大「ボーイング」への“部品供給リスク”

http://news.livedoor.com/article/detail/7397211/

産経新聞 2013年02月09日21時53分

「最も立場が弱い部品メーカーを疑うという、航空機業界の恐ろしい“常識”が働いている可能性もある」
「ボーイングという世界有数の巨大企業と商売をするのは、事業としての成功率が高い半面、トラブルが起こった際の責任問題で不利になる恐れもある」

「トラブルが起きて、原因が明確に判明しない場合、納入先に巧みに責任を押しつけられることも覚悟しなければならない」

「世界市場で、GSユアサの部品の責任と勝手に印象づけられる危険性もある」

全くふざけた話である。トヨタが自社製品をリコールするときに部品メーカーに責任を押し付けるか?押し付けない。トヨタの責任である。装置の安全性は最終製品の製造販売者の責任である。ボーイングが販売した航空機である以上、全ての責任はボーイングにある。

真っ当な試験検証を行わずに拙速で市場にB787を出したボーイングが全責任を負うべきであり、真っ先に「責任を負う」旨声明すべきだ。だが、日米のユダヤ当局が真っ先にやったことはユアサへの立ち入りである。

ボーイングの如き、劣等技術ユダヤ企業に日本の優秀な部品を売る必要はない。日本は、日本の優れた技術を結集してボーイングが3日で潰れるような高性能国産旅客機を製造するべきである。燃費半分、騒音半分、安全至極、快適、安価。ユダヤ金融悪魔をこの国から追い出した後に、国産機を!





--------------------------------
richardkoshimizu's blog

http://richardkoshimizu.at.webry.info/
--------------------------------





by d451ddpp | 2013-11-26 00:40 | 情報拡散希望
<< 転載: ユダヤ米国の謀略:尖閣... 転載: え、どこのスラム街? ... >>