人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: 煙草についてちょっと一言。セロトニンとニコチンの関係。

転載: richardkoshimizu’s blog

煙草についてちょっと一言。セロトニンとニコチンの関係。     作成日時 : 2013/02/15 20:10

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201302/article_101.html





煙草には血管系の病気や呼吸器系の病気の原因になるマイナス部分があるようです。そして、タバコは「悪いもの」と認定されて社会のどこでも排除されています。排除されれば禁煙を余儀なくされ、喫煙者は減っていきます。
煙草を吸わないで何も不利益がないならそれに越したことはないとは思います。だが、煙草を必要としている一部の人たちもいるように思います。

精神医学の領分で煙草の効能について全く触れられていないのが気になります。セロトニンとニコチンの関係がもっと論じられてもいいはずなのに、意図的に触れられていないように思います。

煙草は「老人性痴呆症」や「精神疾患」に対する効能があるかどうかを研究されるべき対象であると日々考えています。
そして煙草を吸わせないことで裏社会が何やら企んでいるのではないかと危惧しています。


2013/2/14 18:32

アメリカ式医療制度とは内容が違いますが、最近気になっているのが“タバコ”の問題です。 私は、十年位まではかなりのヘビースモーカーで、一日80~100本くらい吸っていました。現在は吸っていませんが、喫煙者に対しては不寛容ではありません。 むしろ、昨今の禁煙ファシズムともいえる喫煙(者)に対する、ヒステリックなバッシングの風潮を、苦々しくさえ思っています。 タバコ(喫煙)が社会全体で嫌われ排除されだしたのは、ここ20年位ではないでしょうか。それまでもタバコの害は盛んに言われていましたが、喫煙に関してはそれほどうるさくはありませんでした。 ところが、現在はまったくダメですね。喫煙者はとことん目の敵にされます。特に若い人のタバコ拒絶感は、すごいものがあります。 この(欧米から始まった)タバコ排除のムーブメントには、純粋に健康問題以外の、なにか別の要因があるのでしょうか。 そのあたりの事が、最近気になります。 ヒトラーが大のタバコ(喫煙)嫌いだったというのは有名な話ですが、昨今のタバコ排除の背景に、欧米のユダ金医療産業の思惑が、何となくあるような気がしてなりませ...

コーギー
アメリカ式に医療費負担を倍増させて、日本経済を揺さ...




--------------------------------
richardkoshimizu's blog

http://richardkoshimizu.at.webry.info/
--------------------------------






by d451ddpp | 2013-12-09 22:11 | 情報拡散希望
<< 転載: 高齢者とニコチン 転載: 純粋水爆ならキセノンは... >>