人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: 金融ユダヤ人、何をやってもダメ:日中貿易、最高額更新へ 今年 対中輸出の回復見込む

転載: richardkoshimizu’s blog

金融ユダヤ人、何をやってもダメ:日中貿易、最高額更新へ 今年 対中輸出の回復見込む     作成日時 : 2013/02/20 11:28

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201302/article_130.html




金融ユダヤ人の尻を舐める偽総理安倍がどうしても尖閣問題を煽らなくてはいけない理由は、以下の惨軽北朝鮮ユダヤ・ヤクザ新聞の記事でわかります。

尖閣衝突、尖閣国有化謀略のおかげで減少した対中輸出額が回復し過去最高額へ。ユダヤ金融悪魔が気が狂ったように邪魔をしても結局元の木阿弥。

日本が必要としているのは中国の巨大市場。中国も日本の優れた設備や原料がなければ物は作れない。貿易拡大は自然な流れ。ユダ金が下品な妨害をしても無駄。

日中貿易、最高額更新へ 今年 対中輸出の回復見込む
産経新聞 2月20日(水)7時55分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130220-00000095-san-bus_all

日本貿易振興機構(ジェトロ)は19日、平成25年の日中貿易の総額が増加に転じ、過去最高額だった23年(3449億ドル)を2年ぶりに更新する可能性が高いとの見通しを示した。24年の貿易総額は、中国経済の減速と沖縄県・尖閣諸島の国有化で高まった反日感情の影響で前年比3・3%減の3336億6442万ドル。リーマン・ショック後の21年以来3年ぶりの減少に転じたが、25年は「中国経済が最悪期を脱した」(ジェトロ)ことで、堅調な輸入に加え、輸出の復調を見込む。

ジェトロは、円安と中国経済の回復で、対中輸出が伸びると予想する。だが、増加幅については、「中国では大型の景気刺激策も考えにくく、小幅にとどまる」(真家陽一中国北アジア課長)見通し。

24年の貿易総額が減少したのは、輸出額が10・4%減の1447億944万ドルと大きく前年実績を下回ったためだ。自動車輸出は、反日デモの激化で、昨年9~12月期に63・0%減に落ち込み、不動産や固定資産投資の鈍化で建設機械などもマイナスになった。輸入は中国で製造したスマートフォン(高機能携帯電話)の需要が拡大し、3・0%増の1889億5498万ドルと過去最高額だった。

これに対し、今年は昨秋の反日デモで被害を受けた企業にも、現地での営業再開の動きが目立つ。
3店舗が襲撃された総合スーパーの「平和堂」(滋賀県彦根市)は今夏、長沙市で4年ぶりに新店舗が完成する。

店舗が被害にあったイオンも「中国の13億人の人口は魅力的」(村井正平グループGMS事業最高経営責任者)として、今年度に計画した12店舗を予定通りに出店する。

一方、日本製品の不買運動で、白物家電販売などが落ち込んだパナソニックは「今年1~3月期も少し影響を受けそうだ」(河井英明常務)と依然厳しい。貿易総額は増えるものの、自動車や家電を中心に、日本ブランドを敬遠する傾向が残り、対中輸出は勢いを欠いている。



--------------------------------
richardkoshimizu's blog

http://richardkoshimizu.at.webry.info/
--------------------------------





   



by d451ddpp | 2013-12-18 22:50 | 情報拡散希望
<< 転載: アベノミクスで過去最大... 転載: オウム死刑囚の平田被告... >>