人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: 自民党自身、TPPの核心的問題点はいちおうは指摘している。

転載: richardkoshimizu’s blog

自民党自身、TPPの核心的問題点はいちおうは指摘している。    作成日時 : 2013/02/26 09:51

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201302/article_153.html





自民党自身、TPPの核心的問題点はいちおうは指摘しているわけで。自民議員の半分以上が反対しているのが現状。だが、人間のくず、安倍偽総理は自民議員をツンボさじきにして「ユダヤ金融資本御用達」閣僚だけの賛成を取り付けてなし崩しにTPPを強行しようとしている。よく暗殺されないな。反対議員さんたち、せっかく不正選挙で議員になったのだから、ここで動かないと同罪ですよ。ISD条項に全く触れずに受け入れてしまうのは極めて異常。日米以外の参加国にも騒いでもらいましょう。情報感謝。

繰り返しになりますが再度自民党が自身のホームページで公表しているTPP交渉参加の判断基準6項目を下記致します。
http://www.jimin.jp/activity/colum/116025.html
【TPP交渉参加の判断基準】
①政府が、「聖域なき関税撤廃」を前提にする限り、交渉参加に反対する。
②.自由貿易の理念に反する自動車等の工業製品の数値目標は受け入れない。
③.国民皆保険制度を守る。
④.食の安全安心の基準を守る。
⑤.国の主権を損なうようなISD条項(注)は合意しない。
⑥.政府調達・金融サービス等は、わが国の特性を踏まえる。
(注)ISD条項...外国政府の差別的な政策により何らかの不利益が生じた場合、投資家(Investor)である当該企業が相手国政府(State)に対し、差別によって受けた損害について賠償を求める(Dispute)権利を与えるための条項。これが濫用されて、政府・地方自治体が定める社会保障・食品安全・環境保護などの法令に対し、訴訟が起こされる懸念があります。
わが党(自民党)は、政府が11月と同様に二枚舌を使いながら、国民の知らないところで、交渉参加の条件に関する安易な妥協を繰り返さないよう、政府に対して、上記の判断基準に沿うことを強く求めていきます。

wwwwwwww

今回安倍は6つのうちの関税問題のみ、しかも米国としか話をしていません。しかも内容が曖昧。ISD条項を含む他の重要な5項目については何の説明も無いままです。

他の遥かに重要な約束事を無視しTPP交渉参加に踏切る安倍内閣と自民党は正真正銘の詐欺集団です。

TPPを単なる関税問題に仕立てあげ本丸の金融・保険・医療について詳しく報じないマスゴミも詐欺集団の一味です。

ランスロット
2013/02/26 00:15





--------------------------------
richardkoshimizu's blog

http://richardkoshimizu.at.webry.info/
--------------------------------






by d451ddpp | 2013-12-23 22:16 | 情報拡散希望
<< 転載: え、斎藤売国奴犯罪長っ... 転載: 米国ユダヤ人弁護士が大... >>