人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: 放射能パニック祭り、終わりました。

転載: richardkoshimizu’s blog

放射能パニック祭り、終わりました。      作成日時 : 2013/03/09 09:46

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201303/article_69.html





はい、子供の甲状腺検査ですが、被爆地と非被爆地で「嚢胞やしこり」の発生率は変わらないと環境省が。むしろ福島の方が少ない。低線量放射線が逆に良い方に作用したのではないですかね。

ということで、放射能パニック症候群の皆さん、そろそろインチキ放射線騒ぎのからくりに気付いてください。311は人工地震でした。放射能漏れの問題も大きな被害が出ないように最初から制御されたエアー汚染でしかなかった。だからただ一人も被曝死していないし重篤な患者も出ていない。

そろそろ放射能パニック学者さんたちの正体に気付いてください。吊し上げてください。関西から帰京してください。馬鹿馬鹿しいこといつまでもやっていないで。情報感謝。

子どもの甲状腺「福島、他県と同様」 環境省が検査結果

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130308-00000034-asahi-soci

朝日新聞デジタル 3月8日(金)16時0分配信  【大岩ゆり】

環境省は8日、長崎や山梨、青森の子ども約4300人を対象に行った甲状腺検査で、6割に袋状の嚢胞(のうほう)やしこりが見つかったと発表した。東京電力福島第一原発事故の被曝(ひばく)の影響を探るために、福島県が進める子どもの甲状腺検査結果と比較するのを目的に調べていた。福島では4割に嚢胞などが見つかっている。
福島県は事故当時18歳以下の子ども約36万人を対象に、甲状腺の超音波検査を行っている。1月までに約13万3千人が検査を受け、41・2%に2センチ以下の嚢胞や5ミリ以下のしこり(結節)が見つかった。




                      

--------------------------------
richardkoshimizu's blog

http://richardkoshimizu.at.webry.info/
--------------------------------





by d451ddpp | 2014-01-28 22:35 | 情報拡散希望
<< 転載: 死神さん、あなたの活躍... 転載: 都知事選:「単純に各選... >>