人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: 脳梗塞木瓜老人、頑張れ。ごねろ。かき回せ。

転載: richardkoshimizu’s blog

脳梗塞木瓜老人、頑張れ。ごねろ。かき回せ。     作成日時 : 2013/04/18 05:54

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201304/article_108.html




                          

                 

                                             

平和の政党を便宜上標榜している公明党は、「平和大好き」のB層信者の手前、憲法改正には賛成できない。

憲法ネタで公明の連立外しを示唆すれば、創価は焦ってカネを出す。政界裏工作資金の枯渇した統一邪教は創価のカネが頼りなので、公明いじめを石原に命じた?

石原は本来、TPP反対論者。都知事時代、「あんなものは米国のごり押し」の見解を過去に出したこともある。80過ぎてボケが始まり、脳こうそくでそれが加速し、自ら発案した「遺伝子組み換え食品シール」の撤廃を求める米国に譲歩するなと主張。自己顕示欲。

爺さんの臍が曲がればTPPはさらに紛糾。もっとごねろ、石原木瓜老人。

石原氏が党首討論「公明は足手まといに」

http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp3-20130417-1113787.html

日本維新の会の石原慎太郎共同代表は17日、初めての党首討論10+ 件で、憲法改正に慎重な公明党について「必ず自民党の足手まといになる」と指摘し、安倍晋三首相に公明党との連立解消を暗に求めた。これに対し、討論に参加しなかった公明党の山口那津男代表は記者会見で猛反発し、「場外」で火花を散らせた。

3月末まで約1カ月間にわたり「軽い脳梗塞」で入院した石原氏は、討論で「自主憲法制定」などの持論を展開して健在ぶりをアピール。憲法問題に関しては「公明党代表は『国民的イシュー(問題)と思わない』と、非常にリラクタント(嫌々ながら)な発言をしている」と指摘し、「足手まとい」と言及した。

山口氏は討論後、「全国にテレビ中継され、反論の機会もない中で、他党をあげつらうのは、国会議員として十分な経験を有する石原氏の見識が問われる」と批判した。

討論で石原10+ 件氏は、環太平洋連携協定(TPP)交渉をめぐり、自身が東京都知事時代に導入した遺伝子組み換え食品用シールをパネルで示し、撤廃を求める米国に譲歩しないよう求める場面もあった。(共同)
[2013年4月17日20時36分]






--------------------------------
richardkoshimizu's blog

http://richardkoshimizu.at.webry.info/
--------------------------------






by d451ddpp | 2014-04-09 22:55 | 情報拡散希望
<< 転載: 創禍学会の保険金 詐欺... 転載: 2013.4.13RK... >>