人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: 裏社会は焦って、山口参院補選でも不正選挙を仕掛けてくる恐れあり。

転載: richardkoshimizu’s blog

裏社会は焦って、山口参院補選でも不正選挙を仕掛けてくる恐れあり。   作成日時 : 2013/04/19 08:04

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201304/article_123.html



参院山口補選:

安倍偽総理の推す元下関市長、江島潔に平岡秀夫元法相という強力な対抗馬が現れ安倍売国奴の手下は大苦戦必至。選挙が正常に行われれば平岡大勝、江島ぼろ負け。

だが、おひざ元でぼろ負けでは、「12・16不正選挙」の噂がまた巷に拡がるだけ。裏社会は焦って、参院補選でも不正選挙を仕掛けてくる恐れあり。今から警戒し徹底監視を。

平岡さんは「反TPP、反憲法改正」を旨とするほぼまともな政治家。12・16不正選挙で国会を追われた被害者。

さあ、国士諸君、ねちねちといきましょう。

[参院山口補選]大苦戦 安倍陣営が大ウソ応援
(日刊ゲンダイ2013/4/17)

http://asumaken.blog41.fc2.com/blog-entry-8551.html

「公選法違反じゃないか?」という声も

11日告示の参院山口県補選(28日投開票)は当初、安倍首相が推す元下関市長、江島潔氏(自民党公認)の圧勝とみられていた。ところが、無所属で出馬し、反TPP、反憲法改正を鮮明にしている平岡秀夫元法相が猛追、予断を許さない展開になりつつある。

そんな状況に焦りまくっているのが自民党だ。高村正彦副総裁(山口1区)と河村建夫選対委員長(山口3区)がこんな応援演説をして、それが「公職選挙法違反じゃないか?」と話題になっているのだ。

問題発言が飛び出したのは今月11日。高村氏はこうところが、無所属で出馬し、反TPP、反憲法改正を鮮明にしている平岡秀夫元法相が猛追、予断を許さない展開になりつつある。

そんな状況に焦りまくっているのが自民党だ。高村正彦副総裁(山口1区)と河村建夫選対委員長(山口3区)がこんな応援演説をして、それが「公職選挙法違反じゃないか?」と話題になっているのだ。

問題発言が飛び出したのは今月11日。高村氏はこう言って、江島候補を持ち上げた。

「(安倍政権が)日本を取り戻すことをやり続けるためには夏の参院選挙で、ねじれ現象を解消させることが絶対に必要であります。そのための試金石がこの江島さんの戦いであります。この江島候補、安倍総理自身が選んだ候補です。安倍総理の地元の市長を4期務めて、そして山口県唯一の30万都市に仕立て上げた。その実現力、それを安倍総理が見ていて、『この人しかいない』と、江島さんをこの候補に選んだのです。安倍総理の人を見る目は確かであります」

これがウソッパチなのである。江島市政は4期14年(95年から09年)だが、初当選をした95年、下関市の人口は31万1000人で既に30万都市になっていた。しかし江島市政5年後の2000年には約30万1000人、10年後の05年には29万1000人弱、最後の年の09年には約28万2000人で、4期14年の間に人口は約2万人以上も減ったのだ。

そもそも、江島氏が5期目を断念したのはこうした有効策なき地盤沈下・人口減もあり、地元の不評を買ったことが大きい。

江島元市長が「実現」したのは、下関市全体の活性化ではなく、安倍首相との“蜜月関係”だったと言ってもいいほどだ。続いて挨拶をした河村氏も「江島候補、いま高村先生のご紹介の通りであります」と念を押し、「安倍政権を押し上げる強力な助っ人であります」と持ち上げていたが、これらの発言が公職選挙法の虚偽事項の公表罪に当たるのではないか、といわれているのだ。圧勝のはずが選挙違反スレスレの選挙戦とは、安倍・自民党も焼きが回ってきたとしか思えない。






--------------------------------
richardkoshimizu's blog

http://richardkoshimizu.at.webry.info/
--------------------------------



     



by d451ddpp | 2014-04-14 22:52 | 情報拡散希望
<< 転載: 日刊ゲンダイ4月20日... 転載: 安倍ゴロツキ偽総理のW... >>