人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: ユダヤ人が選んだ黒田日銀総裁ですが....米国債を生保に大量に買わせる役割を遂行中です。

転載: richardkoshimizu’s blog

ユダヤ人が選んだ黒田日銀総裁ですが....米国債を生保に大量に買わせる役割を遂行中です。      作成日時 : 2013/04/21 19:13

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201304/article_140.html





ユダヤ人が選んだ黒田日銀総裁ですが....米国債を生保に大量に買わせる役割を遂行中です。

長期国債を日銀が買いまくることで、資金運用目的で長期国債を保有する生保が「利回りの低下」で逆ザヤになってしまう。仕方がないから、長期国債よりは利回りの良い金融商品に買い替えるしかない。

だが、米国債くらいしかない。

米国債を大量に買う。ユダ金国家がほっと一息つく。

ふざけるな、売国奴。どこまでもどこまでも狡猾で汚いユダ金とその手先。情報感謝。

◆黒田日銀の「大胆金融緩和」で生保は? 国債「逆ざや」の懸念、米国債にシフトか
J-CASTニュース 4月21日(日)17時0分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130421-00000002-jct-bus_all
(抜粋)

「黒田日銀」が2013年4月4日に決定した大胆な金融緩和策が、機関投資家である金融機関を揺さぶっている。特に顧客から「終身保険」などで長期の資金を預かる生命保険会社は、日銀が大幅に買い増す長期国債のビッグプレーヤーなだけに、「ここまでやるとは」(大手生保幹部)との驚きが広がる。顧客に約束した利息(予定利率)を運用で稼げなければ、「逆ざや」となるだけに衝撃は大きく、対策を急いでいる。

(中略)

日銀が超長期債を買いまくることで需給がひきしまり、国債価格は上がるが、逆に利回りは低下する。短期的な売買で利ざやを稼ぐのではなく「超長期保有」が目的の生保としては、想定した利回りが得られないと消費者に約束した予定利率をまかなえず「逆ざや」の懸念が生じる。それで国債以外にシフトすることこそ、日銀の狙いだが「規制があるので株なんか増やせっこない」(大手生保)のが実情。有力なのは先進国の国債だが、図体が大きい生保だけに、自分の動きが利回りを低下させる公算も大きい。このため、「消去法で市場の大きい米国債」(市場関係者)に一定程度シフトすることになると見る向きが多い。





--------------------------------
richardkoshimizu's blog

http://richardkoshimizu.at.webry.info/
--------------------------------




 



by d451ddpp | 2014-04-19 21:50 | 情報拡散希望
<< 転載: ユダヤ朝鮮裏社会は、名... 転載: ボストンマラソン爆破事... >>