人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: 介護保険利用者に厳しい大改正 医療・介護改革法成立

転載: richardkoshimizu’s blog

介護保険利用者に厳しい大改正 医療・介護改革法成立      作成日時 : 2014/06/19 07:37

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201406/article_146.html




介護保険ですが、あっても実際には使えない、役に立たないというのが実感です。

さらには自己負担率を倍にして、保険料も上がり、高齢者を締め出す。

高齢者を助けない介護保険。何の意味があるのか?

介護施設を運営する数多の創価企業のための保険か?

2014/6/19 00:10

高齢者いじめです。またいつものやり方なので、コメントも無くなります。アホらしいです。

介護保険利用者に厳しい大改正 医療・介護改革法成立

http://news.auone.jp/top_news/news.php?DATATYPE=news&NOT_TOPPAGE=0&PAGE_NO=0&ID=asahi_KTT201406180958

高齢化がピークを迎える「2025年問題」を見据え、医療・介護制度を一体で改革する「地域医療・介護推進法」が18日、成立した。患者や要介護者の急増で制度がもたなくなる恐れがあり、サービスや負担を大きく見直す。とりわけ介護保険は、高齢者の自己負担引き上げなど制度ができて以来の大改正で、「負担増・給付縮小」の厳しい中身が並ぶ。

人口減と高齢化が同時に進む日本。医療・介護制度は、高齢者の急増、支え手世代の減少、財政難の「三重苦」に直面する。厚生労働省によると、25年には医療給付費がいまの37兆円から54兆円に、介護給付費は10兆円から21兆円に膨らむ。病院にかかれない高齢患者があふれ、介護保険料は負担の限界を超えて高騰。そんな近未来の予測が現実味を帯びている。サービスを提供する人手の不足も深刻だ。

こうしたなかで保険財政立て直しを目指す介護保険分野は、利用者の痛みにつながるメニューが目立つ。負担面では、一定の所得(年金収入なら年280万円以上)がある人の自己負担割合を1割から2割に上げる。低所得者の保険料を軽減する一方、高所得者は上乗せする。高齢者にも支払い能力に応じて負担を求める方向が鮮明だ。

練馬からです







--------------------------------
richardkoshimizu's blog

http://richardkoshimizu.at.webry.info/
--------------------------------




      




by d451ddpp | 2014-06-20 23:32 | 情報拡散希望
<< 転載: パソナ「シャブ・オンナ... 転載: ネット世論調査も生活の... >>