人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: 不正選挙追及について

転載: richardkoshimizu’s blog

不正選挙追及について       作成日時 : 2013/05/24 06:52

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201305/article_164.html



                         

                    

                              

総合してみると、「裏社会はひどく動揺している」と判断します。7月参院不正選挙でRK独立党がどんな不正選挙防止策、暴露手段を行使してくるのかと焦り狂い慌てふためいていると理解します。

裏社会に不都合な動きをする組織があれば内部に潜入して情報収集、主導権把握、内部攪乱を仕掛けてくるのがユダヤCIA傘下の裏社会構成単位の仕事です。よって、とにかくまず組織に入り込まなければ何もできない。

ところがRK独立党というのはあくまでRKの「後援会」であり、「ネット上のファジーなつながり」でしかない。入り込もうにも目に見える人的繋がりはほぼ存在しないので介入のしようがない。言説や主張で賛同者の「信頼」を勝ち取り党内で主導権を握ることは裏社会のメンバーの実力では到底無理。ろくに文章も書けない無能者ばかりでは、書けば書くほど「信頼」を失う。w

そうなると「目に見える人的つながり」を独立党内に捏造し、その主導権を握るという難しい手法をとるしかない。「ナントカ監視団」とかいうものをRKの認知も得ずに立ち上げやみくもに党員に参加を募る。だが、党員諸君はRK独立党の過去の経緯も知っているので警戒して相手にしない。RKをも引っ張り込んでその活動をRKお墨付きにしてしまおうと企むが、成功の可能性は最初から全くのゼロ。結局、党員の個人情報を集めようとしてすぐさま排除される。

内部に入り込んで具体的にどんな不正選挙摘発手段が取られるのかなんとしても把握したい。把握して対抗策を策定したい。どこの選挙区が狙われるかわかれば、そこだけ対処すればいい。一方で、今のようなRK独立党のネット上のつながりを主体とした攻撃には対処のしようがない。どこでどんな手法が行使されるのか全く分からない。すべての選挙区ですべての手段が行使される恐れがあるという前提で対処しなければならない。とても無理である。そうなると荒っぽい手口で不正選挙を強行するしかなくなる。

不正発覚覚悟で最後の集計票数を単純に改竄するしかないのか?発覚してもメディアにはダンマリを命令し、司法には不正選挙訴訟を門前払いさせる。ネットの不正追及の嵐にはひたすら沈黙して嵐の過ぎるのを待つ。こんな対処しかないのでは?

RK独立党としては、RKを中心とした具体的な人員配置などせず、どこでだれが何をやるかRK自身も把握できないような攻勢を掛けます。それも大々的に。裏社会は阻止するすべもなく前回よりもさらにあからさまな不正を敢行しさらに明白な不正証拠をあちこちに残すことでしょう。

不正が行使できなかった選挙区でメディア発表の支持率1%以下のはずの生活の党候補が大勝し、他では自民が勝つという異常事態が生まれれば最高です。国民は確実に覚醒します。

ちなみに一人では動きにくい場合、数年来懇意にしている信頼できる党員同士数名で連携し行動していくことは得策でしょう。ただし、最近入党したばかりの鼻息の荒いメンバーが仲間に入れてくれとやってきたら一応の警戒が必要かもしれません。特にすぐに個人情報を聞きたがる人物には。

「公正明大」な国を実現しましょう。

皆さんのご意見を。





--------------------------------
richardkoshimizu's blog

http://richardkoshimizu.at.webry.info/
--------------------------------




by d451ddpp | 2014-06-24 22:22 | 情報拡散希望
<< 転載: 創価学会、北鮮、覚醒剤... 転載: 13.5.23RK独立... >>