人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: はい、これユダ金の日本人資産略奪逃亡手口です。

転載: richardkoshimizu’s blog

はい、これユダ金の日本人資産略奪逃亡手口です。       作成日時 : 2013/05/25 08:16

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201305/article_185.html



はい、これユダ金の日本人資産略奪逃亡手口です。

診療報酬請求債権(MARS)の売買で利益を出すと投資家を騙して1300億円を集め米本国に送金して計画破綻。

出資金は米国に送られ日系の社長も米国に逃亡。告訴しても回収は非常に困難。この事件、氷山の一角でしょうね。

ユダ金=金融詐欺師。金融詐欺師の支配する国=米国。その犯罪者が間接支配する日本。こんな詐欺事件もユダ金の圧力でろくに報道もされない。司法も動かない。やりたい放題。

ただし、これからはそうはいかない。刑法を改正して石抱きの刑を復活させる。(冗談)

MRI資産消失 弁護団が告訴も調査に国境の壁…出資金と社長、米国に
配信元:産経新聞
2013/05/09 09:45更新
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/652703/
資産運用会社「MRIインターナショナル」(本社・米ネバダ州)による資産消失疑惑で、消費者問題に詳しい弁護士約50人が被害弁護団を結成し、8日、米国本社のエドウィン・ヨシヒロ・フジナガ社長(66)を詐欺罪などで近く告訴する方針を明らかにした。

弁護団は東京3弁護士会所属の弁護士を中心に結成。12日に初の被害者説明会を開く。弁護団長の山口広弁護士は東京・霞が関の司法記者クラブで8日会見し「多くの人に参加してもらい、被害回復に尽力したい」と述べた。説明会は12日午後1時から、東京都千代田区の大手町サンケイプラザで。会場費と資料代は計千円。問い合わせや相談は弁護団事務局(電)03・5363・5667(平日午前10時~午後4時)。

MRIによる資産消失疑惑で、証券取引等監視委員会は不正を主導したとみられるエドウィン・ヨシヒロ・フジナガ社長の刑事告発を目指しているが、出資金が米国に送られ、社長も同国内にいる事情から、今後の調査は難航も予想される。

監視委の検査で、MRIは少なくとも平成23年以降、診療報酬請求債権(MARS)の売買を行わず、出資金を直接配当に回す自転車操業に陥っていたことが判明。同社は約8700人から約1300億円を集めたとしているが、監視委は具体的な被害額などを確定するため、海外の証券監督当局との多国籍間協定覚書(MOU)に基づき、米証券取引委員会(SEC)に関連口座の照会を依頼。22年以前の運用実態についても解明を進める。








--------------------------------
richardkoshimizu's blog

http://richardkoshimizu.at.webry.info/
--------------------------------





    



by d451ddpp | 2014-07-01 23:25 | 情報拡散希望
<< 転載: さて、なぜこいつが「高... 転載: 「ひそかに好意をもって... >>