人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: 「常識」の壁を破る。

転載: richardkoshimizu’s blog

「常識」の壁を破る。      作成日時 : 2013/06/05 08:41

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201306/article_19.html



                         

                                             

「常識」の壁を破る。

B層の皆さんに「放射線は微量ならむしろ健康増進に繫がる」と言っても放射能怖い怖い病からは簡単には脱却できないようです。テレビ新聞から「放射能はなんでもかんでも危険」を刷り込まれてしまっている。新聞テレビから発信される情報を無批判に受け入れてしまっている。

この類の人たちは、同様に「不正選挙」が実在すると聞かされても、「文明国日本ではありえない」「事実なら新聞テレビが騒いでいるはず」と思考停止してしまう。

彼らの目を開かせるのは、「火星にはリスが住んでいる」の類の「ありえないはず」情報であると思います。NASAの公式ページの「Curiosityの写した火星表面の写真にリス、トカゲ、小鳥、ヘルメットが写り込んでいる。」という事実をどう解釈するか?

「米国が火星に到達した」が嘘であり、「撮影は米国のどこかの砂漠で行われた。」と説明されて初めてすっきりと理解ができ、覚醒が始まるのではないか?「米国が火星や月に行ったと嘘をつき続ける野蛮な詐欺師国家である。」と認知した時点で、世の中の「常識」というものをまずは疑って掛かる姿勢が生まれる。そうすればオウム事件、911,311,12・16不正選挙の背後関係もすんなりと受け入れられるようになる。

国民の大覚醒につながると思います。

火星動物園のネタを十分に活用いたしましょう。

ちなみに低線量放射線のホルミシス効果のうち、最も即効性があり顕著なのは「精神の安定」であると思います。悩み事を抱えている人物がラドン温泉に入ったら、なんだか知らないけれど悩みが吹っ飛び元気になって帰ってきた。低線量放射線による体内被曝で脳内ホルモンの一種が分泌されるようです。うつ病でお悩みの方、ぜひお試しください。温熱効果もあるので。放射能怖い怖い病にも効果がありそうです。

2013/6/5 02:26

低線量放射線を浴びると防衛遺伝子が活性化します。ホルミシス効果です。 防衛遺伝子とは活性酸素を除去する酵素SOD (スーパーオキシドディスムターゼ)や、細胞内から老廃物等を排出するデトックス酵素グルタチオンなどの生産を司る遺伝子です。 ホルミシス域ではこれらの働きが活発になり、細胞内の酸化ストレス(老化の作用)を大きく低減します。 ですからお風呂のお湯と同じで、体に加える熱量が適切な温度であれば長いこと入っていても害になることはありません。 逆に短い時間でも熱湯を全身に浴びれば死んでしまうのです。 放射線はこれと同じなんです。 と言えば少しはわかるのかなぁ。 B さんたち。

ラーメンマン

以下、RK文書、動画です。

2011.9.18_03/08 リチャード・コシミズ「低線量放射線の不思議を科学する」
http://www.youtube.com/watch?v=pmB2PTKPDdM&list=PL0C2E5C419A951957

放射線浴びて、健康に!
http://richardkoshimizu.at.webry.info/200705/article_6.html

低線量放射線
http://richardkoshimizu.at.webry.info/201103/article_205.html







--------------------------------
richardkoshimizu's blog

http://richardkoshimizu.at.webry.info/
--------------------------------




by d451ddpp | 2014-08-03 22:45 | 情報拡散希望
<< 転載: 創価学会の真面目な末端... 転載: 7月参院山形選挙区不正選挙 >>