人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: FRBのバー南紀が量的緩和を終焉させるようなことを口にしたので米株価が急落。

転載: richardkoshimizu’s blog

FRBのバー南紀が量的緩和を終焉させるようなことを口にしたので米株価が急落。      作成日時 : 2013/06/20 08:12

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201306/article_131.html



FRBのバー南紀が量的緩和を終焉させるようなことを口にしたので米株価が急落。

よって、今日の東京株も暴落の予定。

打ち続く乱高下に日本人投資家は食傷気味。既に大金を失って撤退した投資家の山。ユダ金のイカサマ博打につき合わされて身ぐるみ剥がされた皆さん、正業に戻りましょう。

ところで、白浜あたりの皆さん、「バー南紀」なんて言うのが駅前の裏通りにありませんか?なくてもいいけど。情報感謝。


嬉しいニュースです。FRBがダメリカ経済が順調に回復していけば、量的緩和を来年中に終了するようです。ダメリカ経済は詐欺的に回復しているように見せられているだけなので、経済指標等を良い数字を発表すれば量的緩和は終了に近づき、経済指標を悪く発表をすれば株価も国債も下がる。どちらの選択をしてもダメリカ終了を意味します。いよいよですかね。

[ワシントン 19日 ロイター] -
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTJE95I03320130619

米連邦準備理事会(FRB)のバーナンキ議長は19日、米連邦公開市場委員会(FOMC)後の会見で、米経済は十分に力強く拡大しており、FRBは年内に資産買い入れの縮小に着手するとの見方を示した。

議長の発言は、FRBの資産買い入れ縮小時期が近付いているとの投資家の懸念を裏付けた格好となり、米国の株・債券市場は急落、米指標10年債利回りは1年3カ月ぶりの水準に上昇した。

バーナンキ議長は、経済の向かい風が弱まるのに伴い、緩やかな成長が雇用市場を継続的に改善させる見通しと発言。インフレについてもFRBの長期目標である2%に向かって上昇すると見込んでいるとし、最近の低水準のインフレ指標は一時的要因が背景にあるとして重要視しない考えを示した。

「FOMCは現時点で、年内に月次の資産買い入れペースを緩めることが適切と考えている。その後の指標が現在のわれわれの経済見通しに引き続きほぼ沿った内容となれば、来年上期を通じて買い入れを慎重なペースで縮小していき、年央頃に停止するだろう」とした。
以下略




                     


--------------------------------
richardkoshimizu's blog

http://richardkoshimizu.at.webry.info/
--------------------------------





by d451ddpp | 2014-09-05 22:27 | 情報拡散希望
<< 転載: 創価学会と麻薬 転載: お前、不正選挙追及をや... >>