人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: カルロス・ゴーンが逃げるそうです。

転載: richardkoshimizu’s blog

カルロス・ゴーンが逃げるそうです。      作成日時 : 2014/10/19 15:04

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201410/article_134.html



日産乗っ取り犯、カルロス・ゴーンが退任を示唆?

親会社のルノーが業績不振でやばいので、ガイコクジン幹部が続々逃亡中?

ルノーに日産の金をつぎ込んで損失補填したので、バレると背任(?)などで訴追される?

だから、南蛮人乗っ取り犯が逃亡中?

ルノーは損失を埋めるために日産を売却するのか?

日本企業が買収してください。おい、三菱、たまには国益のために動け。

014/10/18 21:38

カルロス・ゴーンが逃げるそうです。

「社長後継は日本人」で日産外国人幹部続々移籍

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141018-00050017-yom-bus_all

日産解放万歳 ユダヤ人が逃げる準備に入ったというわけです。 喜ばしいです。 本日の講演、お疲れ様でした。 後日、拝見したいと思います。

無名

日産、業績低迷で加速するゴーン社長の孤立~コミットメント経営の弊害、社内外で不満高まる

http://biz-journal.jp/2013/12/post_3728_2.html

「13年上期(4-9月期)連結ベースで、販売台数が前年同期比3%増えたが、車1台当たりの営業利益は逆に5.2%減少した。『パワー88』はシェアと売上高営業利益率を8%に引き上げる経営計画だったはずだが、『シェア追求優先、利益追求後回し』になっているようだ。ちなみに、14年3月期の同社業績予想でも売上高営業利益率は4.8%にとどまっている。ゴーン社長が『パワー88』の見直しをせず、今のコミットメント経営を続ければ、日産の業績低迷は昔のように常態化する可能性がある」(抜粋)

ゴーン社長が05年、日産兼任でルノーのトップに就任して策定した中期経営計画「コミットメント2009」では、世界販売台数をそれまでの年間250万台から330万台へ引き上げる目標が打ち出されているが、労働時間増になるとの労組の反対などで頓挫した。11年に策定し直した中計では、13年に世界販売台数を300万台とする緩い目標に修正したが、12年の販売実績は255万台で、過去10年間「250万台ペース」はほとんど変わっていない。(抜粋)

こうしたゴーン社長の経営の下、欧州経済危機の影響もあってルノーの業績は低迷、12年度決算で自動車部門は2500万ユーロの営業赤字に転落した。13年1-6月期もルノーは1億ユーロの純利益を確保したが、これは日産から約8億ユーロの収入があったからと見られている。(抜粋)




--------------------------------
richardkoshimizu's blog

http://richardkoshimizu.at.webry.info/
--------------------------------





by d451ddpp | 2014-10-19 22:03 | 情報拡散希望
<< 転載: 低投票率偽装で票改竄予... 転載: 「創価にはいったら人生... >>