人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: 派遣労働、同一業務「3年まで」撤廃へ 個人単位に上限

転載: richardkoshimizu’s blog

派遣労働、同一業務「3年まで」撤廃へ 個人単位に上限      作成日時 : 2013/08/07 08:34

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201308/article_28.html



結局、非正規雇用を固定化して、企業の人件費低減を図るのが厚労省の目的ではないのですか?

同一業務に習熟した派遣労働者を正規社員同様に使えるのに給与は安く済ませられる。一方でいらなくなったらポイ捨てできる。

「3年間頑張ったら、正社員に登用されるかも」なんて言う夢も絵に描いたモチに終わる。いつまでたってもボーナスなしの時間給労働者。

ますます、企業は派遣労働者の比率を高めたくなる。日本人を馬鹿にしている。日本の官僚は、企業の利益=外国人大株主の利益しか眼中にない。


派遣労働、同一業務「3年まで」撤廃へ 個人単位に上限
産経新聞 8月7日(水)7時55分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130807-00000004-san-bus_all

 厚生労働省の有識者研究会は6日、最長3年までとなっている同一業務での派遣期間の制限撤廃を求めることで一致した。近く報告書を取りまとめ、早ければ月内にも厚労相の諮問機関である労働政策審議会で審議が始まる。

 現在、通訳やアナウンサーなど、専門の技能を要求される26業種は派遣期間に制限がない。しかし、それ以外の業種では、派遣期間は同一業務につき最長3年と決められている。派遣先の正社員の労働を確保するための制度だが、ある派遣労働者が2年で辞めた場合、同じ業務に就く次の派遣労働者は最長1年しか働けず、不安定な雇用になりがちだった。

 研究会は、業務単位でなく、個人単位に上限を設けることを提言。前任者の有無にかかわらず、派遣労働者は同じ部署で最長3年まで働けるようにする。また、部署を異動すれば、さらに同じ会社で働けるように求める。

 派遣労働者が同じ仕事を長く続けられるケースが増えれば、業務に関する知識が深まり、キャリアアップしやすくなる。しかし、企業が正社員の仕事を派遣労働者に置き換えやすくなり、非正規雇用がさらに増える恐れもある。

 派遣労働については、政府の規制改革会議が6月、派遣労働を臨時的・一時的な業務に限るとした現在の規制を抜本的に見直し、できる限り簡素化するよう答申している。






--------------------------------
richardkoshimizu's blog

http://richardkoshimizu.at.webry.info/
--------------------------------





by d451ddpp | 2014-11-15 23:24 | 情報拡散希望
<< 転載: 創価学会、北鮮、覚醒剤... 転載: 兵庫と香川では、回数も... >>