人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

<猛暑>今月末まで続く? 専門家「東南アジアより暑い」

転載: richardkoshimizu’s blog

<猛暑>今月末まで続く? 専門家「東南アジアより暑い」 作成日時 : 2013/08/14 06:05

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201308/article_73.html




この暑さ、普通のお母さんたちも「なにかある」と騒ぎだしています。なにかあるとするなら標的は日本だけでなく、本命は中国かもしれない。ただし不用意に「HAARPだ!」と言い募ることには賛成できない。多少の関係はあるかもしれないが。


<猛暑>今月末まで続く? 専門家「東南アジアより暑い」
毎日新聞 8月13日(火)19時34分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130813-00000070-mai-soci

「暑さ日本一」の看板の前で記念撮影する観光客=高知県四万十市西土佐江川崎で2013年8月13日午前11時52分、倉沢仁志撮影

高気圧に覆われている日本列島は13日も、猛烈な暑さに見舞われた。発達した太平洋高気圧が西日本に停滞し、高知県四万十市で4日連続で40度を超えるなど、西日本各地で35度以上の猛暑日を記録した。専門家が「東南アジアより暑くなっている」と指摘する最近の猛暑は、今月末まで続くとみられ、気象庁などは熱中症対策を呼びかけている。

【ホントに日本のほうが気温が高い!】東南アジア各都市の気温を見てみよう

気象庁によると、この日の気温は高知県四万十市で40.0度▽大阪府豊中市で39.1度▽和歌山県かつらぎ町で38.9度▽山口市で38.4度--など、西日本の観測所が全国の最高気温の上位を占めた。

連日の猛暑について、気象庁予報課は「太平洋高気圧が居座る西日本に、暑い空気が停滞している」と分析する。高気圧は勢力が弱まれば移動するが、西日本の高気圧は非常に発達して停滞している状況だ。高知地方気象台などによると、周囲を山に囲まれた高知県四万十市は、暑い空気が滞留して夜間でも気温が下がらない上に、山越えの暖かい風が吹き下ろす「フェーン現象」が起きている可能性があるという。

日本気象協会の気象予報士、筒井幸雄さんは「日本が熱帯化しているようだ。日本の四季が変化し、今後も40度以上を記録する日が増える可能性がある」と指摘する。

気象庁は、平年を超える暑い日がまだ続くと予想しており、西日本などに「異常天候早期警戒情報」を発令し、熱中症対策など注意を呼びかけている。【杉本修作、田所柳子】





--------------------------------
richardkoshimizu's blog

http://richardkoshimizu.at.webry.info/
--------------------------------





by d451ddpp | 2014-11-29 00:32 | 情報拡散希望
<< 転載: 集団自衛権、来月にも与... 転載: ユダ金御用達WSJです... >>