人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: 集団自衛権、来月にも与党調整…公明の理解求め

転載: richardkoshimizu’s blog

集団自衛権、来月にも与党調整…公明の理解求め       作成日時 : 2013/08/14 06:31

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201308/article_74.html



金融ユダヤ人が「早く中国と戦争しろ!」とやいのやいのの催促なので、統一CIA教会自由民主党が集団的自衛権を勝手に解釈見直しの凶行へ。国民は、戦争なんかしたくない。

12・16,7・21不正選挙で偽装勝利したマイノリティー支配似非与党が次々に反日蛮行。よほど飼い主様の締め付けがきついのでしょう。

一方創価公明カルト政党は信者の手前、「平和宗教」が偽装だとばれてはまずいので、一応グダグダと抵抗し、最終的になんとなく自民に妥協する形をとって、馬鹿信者を騙したい。

それにしても、背後の金融ユダヤ人、やることなすこと姦計を見破られて、おろおろ。

さあて、不正選挙追及にも力が入ります。

集団自衛権、来月にも与党調整…公明の理解求め

読売新聞 8月14日(水)5時58分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130813-00001571-yom-pol


 政府は、集団的自衛権を巡る憲法解釈見直しに向けた与党との調整を、9月にも始める方針を固めた。

 政府の有識者会議「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会(安保法制懇)」の報告書提出を待たずに、調整を進める。連立を組む公明党が解釈変更に慎重姿勢をみせているため、同党の理解を早期に得ていく必要があると判断した。

 政府は、現在の憲法解釈で対応に支障が生じることが想定される具体的なケースをまとめた事例集を作成し、与党に提示しながら調整を始めたい考えだ。

 集団的自衛権を巡る憲法解釈見直しについては、安保法制懇が年末までを目標に報告書をまとめた後、政府が取り組むとみられていた。だが、「安保法制懇の議論が先行すれば、公明党が態度をより硬化させ、報告書が出ても政府と与党の調整が難航する可能性がある」と判断し、作業を前倒しすることにした。
 
最終更新:8月14日(水)5時58分





--------------------------------
richardkoshimizu's blog

http://richardkoshimizu.at.webry.info/
--------------------------------






by d451ddpp | 2014-11-29 00:34 | 情報拡散希望
<< 転載: 創価の60兆円をロック... <猛暑>今月末まで続く? 専門... >>