人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: 英、対シリア軍事介入断念=政府動議、議会で否決

転載: richardkoshimizu’s blog

英、対シリア軍事介入断念=政府動議、議会で否決      作成日時 : 2013/08/30 11:07

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201308/article_136.html



ユダ金の汚いシリア攻撃計画に暗雲。

シリアの天然ガス略奪、中東パイプライン利権、大イスラエル計画のためのユダヤ式インチキ侵略戦争から英国が脱落。さて、ユダヤ米国、どうする?

ロシアのプーチン政権は「化学兵器攻撃は反政府軍の仕業」と断言。

国連でも常任理事国ロシア、中国がシリア攻撃に反対。

国連を無視して米国とユダヤ・おフランスだけで侵略する?イスラエルは?

追いつめられたユダヤ金融破綻者ども。たかがシリアの侵略すら成就せず。他も何をやってもどうせうまくいかない。TPPも思い通りにはいかない。お前たちの蛮行はもう通用しない。さっさとゲットーに帰って麻薬でも売ってろ。


英、対シリア軍事介入断念=政府動議、議会で否決
時事通信 8月30日(金)6時58分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130830-00000027-jij-eurp

【ロンドン時事】英下院は29日夜、対シリア軍事行動に関する政府提出の動議への採決を行い、賛成272、反対285で否決した。キャメロン首相は採決後、「英国民の意見を反映する議会が軍事行動を望まないことがはっきりした。政府はそれに従って行動する」と述べ、シリアでの化学兵器使用を受けた軍事介入を断念する意向を表明した。

動議は、シリアのアサド政権による化学兵器使用を非難し、英軍のシリアに対する軍事行動の可能性を認める内容。

英国がシリア軍事介入から手を引くことは、協調姿勢を取ってきた米国やフランスにとっても大きな打撃となる。2015年に総選挙を控える保守党党首のキャメロン首相にとって重大な政治的敗北であり、指導力に疑問符が付けられるのは確実。

BBC放送によると、ハモンド国防相も英国が軍事介入に参加しないことを認めたが、英国抜きでも米仏は介入を中止しないとの見方を示した。

首相はシリアで化学兵器使用疑惑が明らかになった21日以降、「さらなる化学兵器使用を抑止する」ことを目的とした軍事介入に向け、積極姿勢を取ってきた。

当初、動議は1回の採決で直ちに軍事行動に移れる内容だった。しかし、野党労働党の要求を受け、軍事行動のためにはシリアで活動中の国連化学兵器調査団の結果を待って再度の採決を必要とするよう修正するなど大きく譲歩。だが、労働党は結局、アサド政権による化学兵器使用の明確な証拠を求めて反対に回った。また、与党保守党内にも介入への慎重論が相次いだ。 





--------------------------------
richardkoshimizu's blog

http://richardkoshimizu.at.webry.info/
--------------------------------







by d451ddpp | 2014-12-15 22:17 | 情報拡散希望
<< 転載: 世田谷の皆さん、創価会... 転載: 311人工地震テロ:太... >>