人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: ストロンチウム体内被曝が怖い?

転載: richardkoshimizu’s blog

ストロンチウム体内被曝が怖い?       作成日時 : 2013/09/10 09:44

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201309/article_48.html




                       

                                      

2013/9/10 00:25

すれ違い失礼。 生体に対する影響[編集]ストロンチウム 90は骨に蓄積されることで生物学的半減期が長くなる(長年、体内にとどまる)ため、実効線量係数 (Sv/Bq) は高くなり 2.8×10-8である。そのため、ストロンチウム90は、ベータ線を放出する放射性物質のなかでも人体に対する危険が大きいとされている[3]。例えば、経口で1万 Bq のストロンチウム90を摂取した時の実効線量は0.28 mSvである。以上wikipedia 人体はストロンチウムをカルシウムと勘違いして骨に取り込んでしまうという事。これはコワイコワイでは済まされないかも?!輿水さん検証を宜しく願います。


ストロンチウムは比重の重い金属なので、原発における外部核爆発から発生しても飛散はせず、すぐに地面に落ちてしまいます。体内に入れば内部被爆として調査に引っ掛かりますが、報告はありません。

ストロンチウムを体内に取り込んでしまった人がいない以上、心配しても意味がありません。事故直後に被爆者が出ていない以上、時間を経た今はなおさら心配する必要はないと思います。

むしろ「放射能怖い怖い病によるストレスで発癌」のほうを心配すべきです。

「サイト内検索」に「ストロンチウム」と入れてみてください。下記以外にも様々な資料があります。(RK文書)

内部被爆についてはどのようにお考えですか?

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201109/article_39.html

ストロンチウム検出?

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201104/article_90.html


                    


--------------------------------
richardkoshimizu's blog

http://richardkoshimizu.at.webry.info/
--------------------------------







by d451ddpp | 2014-12-28 21:58 | 情報拡散希望
<< 転載: 創価朝鮮人学会について 転載: 911は「グラディオ作... >>