人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: 3.30東京高裁不正判決祭りで感じたこと

転載: richardkoshimizu’s blog

3.30東京高裁不正判決祭りで感じたこと      作成日時 : 2015/03/31 08:34

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201503/article_197.html





3.30東京高裁不正判決祭りで感じたこと

法廷内外の「邪気」が大幅に減衰していたこと。前回の3.13公判では、ものすごい邪気が漂っていて、その場にいた原告・傍聴人たちはみな一様に「疲れ」を感じました。

今回は、それがほとんど感じられない。裏社会に雇われた裁判官、被告、警備陣の間に空気の変化が生じた。「強気」が消え「恐怖心」を抱えているのが見て取れました。複数の女性職員など、当方の「憤り」「怒り」を直接浴びて顔面蒼白。男性職員にも体をブルブルとふるわせて動揺している者もいました。面白かったです。

定年間近の裁判長は、30秒もかからない判決の後、終始うつむいていた。まともに傍聴席を見ることもできない。「良心の呵責」。

連中の間に「裏社会の崩壊」の予感が漂っていると見ます。だから動揺している。

今回、私RKを制圧しようとした警備員の服装の胸板の厚い輩は「足で蹴った」「足間に足を入れた」と言って、RKから暴力行為があったかのように偽装した。これは警察の公安部が、不当逮捕をする時の「常套手段」です。公務執行妨害で逮捕をする時、この手口を使う。つまり、この輩は裁判所の制服を着た公安部の公僕であったと理解します。「警備員」の筈が、思わずいつもの「公僕の習性」が出てしまったのでしょう。

裁判所を支配する裏社会は、警察官を動員して原告を制圧しようとした。裁判所と警察が癒着している証左です。若しくは、警視庁5500匹の創価警官集団から派遣された創価公僕とも解釈できます。(警視庁には創価がらみの事件事故の際に召集される組織内組織があります。創価奴隷の犯罪の隠蔽、利益誘導のために働きます。)

今後は、左翼デモ取り締まりなどで動員されている警視庁公安部などの公僕と東京高裁警備員の「照合」が有志の手で行われることでしょう。

厳戒態勢で持ち物没収、身体検査が行われたのに、結局、裁判の音声は録音され、ネット公開された。これはどういうことか?警備陣の中にも「不正裁判を世に知らしめるべき」と考える人がいて、検査に手心を加えたということか。そうであれば。今後、東京高裁不正裁判チームの間に「だれが犯人か?」と疑心暗鬼が発生し、組織内がぎくしゃくする。もう、身内の警備陣すら信用できない。あはは。

今回、心底、腹が立ったので、思い切り怒りをぶつけました。法廷から暴力的に排除されたところで座り込み、汚い手を離さないと動かないと恫喝した。連中、素直に手を放しました。

その後も怒りを直接、ゴロツキ警備陣にぶつけた。私RKの全エネルギーを包含した怒りの叫びは、後ろめたさに苛まれる警備陣の心臓を「言霊」が直撃したと思います。同志諸君も、物凄いエネルギーをゴロツキに向けて発した。今頃、何匹かは心臓まひにでもなっているかも。連中、物凄い恐怖を感じたはずです。

午後に予定されていた不正裁判は、直前に当方が「裁判官忌避」を申し立てたところ、中止延期となった。東京高裁の別の部署が申し立てを審議して「裁判官忌避の却下」をすると決まっています。どうせ、仲間内の犯罪者同士ですので。それによって、通常は一週間ほど判決が先延ばしになる。裏社会のゴロツキは一日も早く不正裁判に幕を引いてしまいたい。だから、徹底的に邪魔をして連中の心臓を傷めつける。そのための裁判官忌避です。

裏社会裁判所にしてみれば、昨日のうちに「裁判官忌避の却下」を決めてしまって、予定通り13:30から午後の部の不正裁判を強行することもできた。だが、諦めた。裁判所内の「空気」が変わっている証左では?「不正却下」に協力してくれる裁判長が見つからなかったのかもしれない。

今後も、東京高等犯罪所での不正裁判は続きます。公示しますので、ぜひ、この素晴らしいワンダーランドにお越しいただき、時代の転換点を目撃してください。無料で、こんなに面白い場面など見て参加できるのはここだけです!

今回、思い切り思いのたけをぶつけたので脳内ホルモン、アドレナリンが大量に分泌して爽快な気分です。一気に元気になりました!いくら騒いでも裏社会裁判所は我々に手を出せない。「オオゴト」にして不正選挙裁判が表に出ては困るからです。今回も誰も逮捕されず。

(逮捕者が出たとしても、裏社会と連携した内通者と組んだ猿芝居。当方をビビらせようとしてもネタバレしているので、無駄です。w)




                       


そして、裁判後は池袋に移動してプチお花見。昼間から大騒ぎ。楽しかったです。

みなさんも健康のため、自由にお雄叫びを上げられる東京高等犯罪所へ!

リチャード・コシミズでした。




--------------------------------
richardkoshimizu's blog

http://richardkoshimizu.at.webry.info/
--------------------------------







by d451ddpp | 2015-04-01 22:56 | 情報拡散希望
<< 転載: 3.30東京高等犯罪所... 転載: こんなシュプレヒコール... >>