人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: 6月に年金が紙くずになります。

転載: richardkoshimizu’s blog

6月に年金が紙くずになります。       作成日時 : 2015/04/21 09:30

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201504/article_124.html





GPIF巨額資金を「米利上げ」にあわせてNY株式市場に投入させる。

これが、ユダヤ米国の属国、日本に与えられた「命令」のようです。

利上げで株価が暴落するのを抑止したい。ロックフェラー一味は、日本人の年金をチャラにして、国家破綻を先延ばししたいわけですね。

ま、好きなようにしなさい。破綻が国民を目覚めさせる。

情報感謝。

◆密約説が急浮上…日本の年金マネーが「NY株を買い支える」 

2015年4月18日

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/159105/1

米国債の保有比率で、日本は中国を抜き6年半ぶりにトップとなった。米財務省の最新統計によると、日本は2月末時点で1兆2244億ドル(約146兆円)を保有している。

米国の属国であることが一段と強調された格好です。中国主導のアジアインフラ投資銀行(AIIB)でも、ドイツやイギリス、フランスなど欧州主要国が参加するなか、日米は不参加。アメリカの言いなりという印象がより強くなっている」(株式アナリストの黒岩泰氏)

株式市場では信じ難い怪情報も流れている。GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の基本ポートフォリオ見直しに関する内容だ。日本株の保有比率が12%から25%に引き上げられたことはよく知られるが、実は外国株も12%から25%に上昇している。

「運用効率を高めるため、外国株の保有比率を上げたといわれていますが、実情は違うともっぱらです。米政府からの圧力があったらしい。本当だとしたらとても許し難い」(株式アナリストのリチャード・コーストン氏)

■やっぱり属国なのか

圧力とは――。米国は金融緩和の出口戦略を進めている。利上げが近いといわれ、実施時期は6月とも9月ともささやかれる。利上げは、株式市場にマイナスだ。1999年6月や、2004年6月など米国が金利を上げるたびにNYダウは大幅下落した。

「今回も同じです。利上げはNY市場に悪影響を及ぼします。しかも日米欧の金融緩和により、世界の株式市場はバブル状態。それだけに大暴落が起きる危険性が高い。それを避けるため、米政府は利上げのタイミングで、『GPIF資金をNY市場に投入せよ』という要求を日本政府に突き付けたというのです。要するに、日本の年金マネーがNY株を買い支える構図です。GPIFが外国株の保有比率を高めた真の理由は、そこにあるとささやかれています」(市場関係者)

GPIFは130兆円以上を運用する世界最大級の機関投資家で、運用資金は言うまでもなく国民の年金だ。安倍政権は国民の財産を投入して“米国版・官製相場”をつくり出すつもりなのか




--------------------------------
richardkoshimizu's blog

http://richardkoshimizu.at.webry.info/
--------------------------------






by d451ddpp | 2015-04-21 22:55 | 情報拡散希望
<< 転載: 韓国の朴大統領の当選を... 転載: 薬物汚染と自民公明の関係 >>