人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: ユダヤ人墓地からナチス高官の遺体が発見された?え、何か不思議でもあるのですか?

転載: richardkoshimizu’s blog

ユダヤ人墓地からナチス高官の遺体が発見された?え、何か不思議でもあるのですか?       作成日時 : 2013/11/03 07:08

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201311/article_15.html




ユダヤ人墓地からナチス高官の遺体が発見された?え、何か不思議でもあるのですか?

ナチスは隠れユダヤ機関ですから、隠れユダヤ人が幹部であってなにも不思議はない。

しかも、ハインリッヒ・ミュラーゲシュタポ長官は、ホロコースト詐欺の立案者であり、戦後のイスラエル建国を可能にした「民族の英雄」ではないですか。ユダヤ人墓地に埋葬されて当たり前。

なにか、問題ありますか、爺通信さん?情報感謝。

2013/11/2 12:36

インチキの元祖 ユダヤ人墓地からナチス高官の遺体が・・・ ユダヤ人墓地に埋葬か=ゲシュタポのトップ―ドイツ【ベルリン時事】ナチス・ドイツのゲシュタポ(秘密警察)のトップを務めたハインリヒ・ミュラーについて、ビルト紙は10月31日、遺体がベルリンのユダヤ人共同墓地に埋葬されていることが判明したと報じた。ミュラーはナチスが「ユダヤ人問題の最終的解決」を決めた1942年1月のワンゼー会議に出席。ホロコースト(ユダヤ人大虐殺)の立案者の一人でもあった。戦後、南米や旧チェコスロバキアなど国外に逃亡したとの情報もあったが、生死は不明で大きな謎となっていた。ビルト紙によると、ベルリンの「ドイツ抵抗運動記念館」のトゥヘル所長が発見した資料で埋葬が確認された。トゥヘル所長は「遺体は45年8月には見つかっていた」と指摘。将官の制服を身に着け、内ポケットには写真入りの身分証明書が入っていたという。 

時事通信 11月1日(金)7時38分配信

http://www.freezepage.com/1383269499RGKTAEPTKR

山口乙矢
はい、11月1日の創価学会直営東京高裁不正選挙裁判...




--------------------------------
richardkoshimizu's blog

http://richardkoshimizu.at.webry.info/
--------------------------------








by d451ddpp | 2015-04-24 22:45 | 情報拡散希望
<< 転載: ロシアのサイトに上がっ... 転載: 13.11.27RK東... >>