人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: ヤマハが自動車製造に進出

転載: richardkoshimizu’s blog

ヤマハが自動車製造に進出       作成日時 : 2013/11/21 15:52

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201311/article_130.html




                       

                       

ヤマハが自動車製造に進出

この厳しい時代に果敢な挑戦ですね。2輪で培ったノウハウとブランドを生かして世界を驚かせてください。

苦しい時代に決断できる日本企業。不屈の精神。前向きの経営。

「ユダ金破綻後」を見据えて爆走してください。

ヤマハ発、自動車事業参入へ “人機一体”の試作車「MOTIV」初公開

SankeiBiz 11月21日(木)8時15分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131120-00000001-fsi-bus_all

ヤマハ発、自動車事業参入へ “人機一体”の試作車「MOTIV」初公開

ヤマハ発は自動車事業に参入することを明らかにした。2010年代の事業化を目指し、小型車の開発を進めている=20日、東京都江東区(写真:フジサンケイビジネスアイ)

ヤマハ発動機は20日、自動車事業に参入することを明らかにした。同日、東京都江東区の東京ビッグサイトで開幕した「第43回東京モーターショー」で、2人乗りの小型四輪自動車の試作車「MOTIV(モティフ)」を初公開。柳弘之社長は、「2020年までに市販化へ向け開発を進めている」と記者団に語った。

モティフは、軽自動車規格での電気自動車(EV)、排気量1000ccのガソリン車としての展開を想定。柳社長は、「二輪車で培った技術を駆使し、人機一体感による楽しさと軽快感をもたらす車だ」と説明した。日本以外での展開も含め検討しているという。

試作車は、自動車レースの最高峰F1シリーズの車も手掛ける著名自動車デザイナーのゴードン・マーレー氏のデザイン会社と共同開発した。

ヤマハ発にとっては、トヨタ自動車と共同開発し、1960年代に発売したスポーツ車「2000GT」以来の四輪自動車となる。92年にスポーツカー「OX-99」を発表し、発売を模索したが、経済環境の悪化などを背景に、取りやめた経緯もある。

一方で、ヤマハ発は、トヨタ自動車向けにガソリンエンジンを供給するなど、自動車向けの事業は現在も継続しており、いつでも事業化できる態勢を整えていた。

加えて、新興国などでは急速な経済発展の高まりとともに、二輪車から四輪車の乗り換えが進み始めている。新興国の二輪車市場で競合するホンダは、二輪車の高いブランドイメージを生かし、自動車販売を優位に進めている。ヤマハ発も、二輪車のブランドイメージを使った販売は相乗効果が見込めると判断したようだ。




--------------------------------
richardkoshimizu's blog

http://richardkoshimizu.at.webry.info/
--------------------------------






by d451ddpp | 2015-05-27 22:51 | 情報拡散希望
<< 転載: フード・スタンプで生き... 転載: アベノミクスの目的は、... >>