人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: 自公の偽票を書いてくださった創価学会の愚鈍の皆様のおかげで、安倍政権は中国との戦争を実現

転載: richardkoshimizu’s blog

自公の偽票を書いてくださった創価学会の愚鈍の皆様のおかげで、安倍政権は中国との戦争を実現する方向で       作成日時 : 2014/12/25 18:39

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201412/article_223.html





                         

                                               

第3回不正選挙で自公の偽票を書いてくださった創価学会の愚鈍の皆様のおかげで、安倍政権は、中国との戦争を実現する方向で2歩も3歩も前進しました。

これも、ひとえに創価学会の知能の低い思考停止患者さまのおかげです。

平和憲法を破棄して中国と戦争をして、アメリカの金融ユダヤ人を喜ばせるためには、まずは、衆参国会議員の三分の2の憲法改正賛成が必要であり、2016年の参院選で、また、不正選挙をやる必要があります。またまた、創価学会の愚鈍の皆様の偽票書きの協力が必要です。

さらに国民投票で半分以上の賛成が必要であり、2017年には実現しようと安倍とかいうマイノリティー代表は企んでいます。国民投票は投票率が50%しかなかったことにして、その半分、つまり、国民の25%が賛成すれば改憲できることになります。

これでやっと貧窮ユダヤ人を破産から救うための日中戦争が開始できます。

池田センセイが大事に大事にしてきた日中関係を創価学会員がわざわざ破壊し、中国と戦争のできる国を作ってくださっています。自民党を乗っ取った統一教会は、勿論、ユダヤCIAの極東支部ですが、創価の信者さんが馬鹿丸出しでいくらでも騙されてくれることに大変感謝しています。

国家を破壊し、金融ユダヤ人の破産を救い、創価学会の信者さんの息子たちを戦場で無残に殺すためにせいぜい頑張ってください。

2014/12/25 17:02

安倍偽総理が2017年に憲法改悪を目指すようです。2016年の参院選を不正選挙で勝利し、翌17年に不正選挙による国民投票を実施して憲法改悪・日中戦争の開戦というシナリオでしょうね。

【第3次安倍内閣発足】 自民、17年にも国民投票 世論の理解獲得が課題

http://www.47news.jp/47topics/e/260590.php

安倍晋三首相は、第3次内閣で憲法改正の具体化を目指す。与党が衆院選で定数の3分の2を超える議席を維持したのを踏まえ、自民党は早ければ2017年にも初の国民投票を行い、改憲を実現させる日程を描く。公明党や野党の協力を得られるかが鍵だ。改憲に世論の理解が進んでいるとは言い難く、首相は24日の記者会見で「国民投票での過半数獲得が一番のポイント」と語った。  

自民党は野党時代の12年、9条改正を含む改憲草案を決定した。16年夏の参院選で改憲原案を公約に掲げ信任を得て、選挙後の臨時国会で改憲を発議。17年に国民投票を実施するというのが、同党が描く最速の日程だ。

来年9月の党総裁選で首相が再選され、任期の3年間、政権を維持していることが前提となる。改正要件も厳しい。国会発議には、衆参両院でそれぞれ総議員の3分の2以上の賛成が必要だ。参院(定数242)で与党は議長を含め135議席。3分の2超の162議席を確保するには野党の協力が不可欠だ。国民投票では、有効投票総数の過半数の賛成が要る。

首相は24日の会見で「歴史的なチャレンジと言っていいが、簡単なことではない」と強調した。

与党の公明党は丁寧な議論を要求。自主憲法制定を党是とする次世代の党は衆院選で議席が激減。自民党と考えが近かったみんなの党は解党した。

自民党の船田元・憲法改正推進本部長は、武力攻撃や大規模災害に対応するための緊急事態条項や、環境権の新設などから着手する方法を提案している。しかし、改憲を容認する党の間でも、意見の隔たりは大きい。「首相の意気込みとは裏腹に改憲は容易でない」(自民党幹部)のが実情だ。

(共同通信)

PUNK

             


--------------------------------
richardkoshimizu's blog

http://richardkoshimizu.at.webry.info/
--------------------------------






by d451ddpp | 2015-06-04 22:53 | 情報拡散希望
<< 転載: 「戦争に巻き込まれるこ... 転載: ユダヤ米国の貧困率は順... >>