人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: ごろつきユダヤ人経済ヤクザを、一匹残らず駆除する!

転載: richardkoshimizu’s blog

ごろつきユダヤ人経済ヤクザを、一匹残らず駆除する!      作成日時 : 2013/11/25 11:10

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201311/article_166.html




                      

                

ごろつきユダヤ人経済ヤクザを、一匹残らず駆除する!

日本郵政に無理矢理アフラックのがん保険を押し付けて売らせるユダヤ金融悪魔。

そのアフラックの日本代表はユダ金のTPPごり押し担当者。

そして、アフラックはついこの間、「保険金支払い体制のずさんさ、過度な営業姿勢、不透明な保険料の運用」で金融庁の長期検査を受けることになった札付きのブラック企業。

こいつらを日本から追い出せ。癌保険など有害無益。ごろつきユダヤ人経済ヤクザを、一匹残らず駆除する!

TPPに向け米に配慮 日本郵政・アフラック提携発表

http://www.asahi.com/business/update/0727/TKY201307260518.html

【永島学、藤田知也】日本郵政と米保険大手アメリカンファミリー生命保険(アフラック)は26日、がん保険事業の提携を強化すると発表した。日本が環太平洋経済連携協定(TPP)の交渉に参加したのを受け、日本郵政の保険事業に難色を示す米国への配慮がにじむ。

日本郵政の西室泰三社長は記者会見で「がん保険で一番実績のあるアフラックとの関係強化で、企業価値の向上が望める」と強調した。壇上にはアフラックのチャールズ・レイク日本代表らも並んだ。

そのレイク氏は在日米国商工会議所名誉会頭をつとめ、日本郵政には「宿敵」だった。


アフラックに異例の金融庁検査…不透明な運用、過度の営業姿勢

http://biz-journal.jp/2012/12/post_1127.html

収益第一主義保険・アフラックの拝金マネジメント術

白いアヒル、招き猫ダックに加え、有名人を起用したCMでおなじみの外資系生命保険会社アフラック。日本で初めてがん保険を発売し、業界ナンバーワンの保有契約件数2100万件を誇っている。ところが、今、アフラックが迷走を始めている。今年行なわれた金融庁検査では、異例の5カ月にわたる検査期間になり、保険金の支払い体制や経営ガバナンスについて指摘を受ける事態になった。しかも、販売部隊である代理店からは現経営陣との対話不足からか不満の声が噴出している。アフラックで何が起きているのか。内部に迫った取材特集だ。

そもそもアフラックに関しては、すでに、「週刊ダイヤモンド 7/28号」の冒頭のニュース記事「ニュース&アナリシス」の『アフラックの“欺瞞”にメス 金融庁が前代未聞の長期検査』という記事で保険金支払い体制のずさんさ、過度な営業姿勢、不透明な保険料の運用など懸念材料が山積みの社内事情や、3年周期で期間も2~3カ月程度が通例の金融庁検査だが、アフラックに関しては前回の検査から2年半しか経っていないのに検査が行なわれるという異例な事態ぶりを紹介する記事が掲載されていた。

アフラックの経営姿勢を「保険金支払いの体制整備にカネをかけるより、新契約の獲得に重きを置く“収益至上主義”」とダイヤモンド誌は気持ちよいくらいに斬って捨てたほどだ。

アフラックといえばメディアにとってはCM・広告をもらえる大スポンサー。大スポンサーはえてしてタブーな存在になりがちで、7月のニュース記事掲載の時点で、これからはダイヤモンド誌にとっても筆が甘くなるのではと心配していたが、どうやら杞憂だったようだ。(以下略)


                     


--------------------------------
richardkoshimizu's blog

http://richardkoshimizu.at.webry.info/
--------------------------------





by d451ddpp | 2015-06-06 22:17 | 情報拡散希望
<< 転載: 創価裁判官100匹。 転載: 再掲:東京高裁不正選挙... >>