人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: 核燃料取り出し作業は非公開だそうで。当たり前です。あるはずの燃料棒がないと分かっては困り

転載: richardkoshimizu’s blog

核燃料取り出し作業は非公開だそうで。当たり前です。あるはずの燃料棒がないと分かっては困りますからね。      作成日時 : 2013/11/26 06:27

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201311/article_169.html




                       

核燃料取り出し作業は非公開だそうで。当たり前です。あるはずの燃料棒がないと分かっては困りますからね。

エアー原子炉事故。全部、猿芝居。

もし本当に燃料棒があるなら極めて危険な作業。作業者以外の関係者、周辺の住民をすべて退避させないとできないはず。そんな話は聞いていません。

★東電、今後の作業公表せず 核燃料取り出し 問われる情報公開の在り方

http://www.minpo.jp/news/detail/2013112212284

東電は、燃料を輸送容器から取り出し保管する共用プールでの作業や、2回目以降移送日程について「核物質の防護上、答えられない。作業終了後に公表する」としている。

ただ、容器の落下など緊急時の対応は不透明で、高線量の使用済み燃料を移送する2回目以降、作業工程の危険性はさらに高くなるとみられる。

県や双葉郡の首長は「原発周辺の避難区域に立ち入りしている住民の安全を確保するためにも、情報を公開すべき」と指摘しており、今後の情報公開の在り方が問われる。

( 2013/11/22 08:47 )



核燃料取り出し作業は非公開だそうで。当たり前です。あるはずの燃料棒がないと分かっては困りますからね。

エアー原子炉事故。全部、猿芝居。

もし本当に燃料棒があるなら極めて危険な作業。作業者以外の関係者、周辺の住民をすべて退避させないとできないはず。そんな話は聞いていません。

★東電、今後の作業公表せず 核燃料取り出し 問われる情報公開の在り方

http://www.minpo.jp/news/detail/2013112212284

東電は、燃料を輸送容器から取り出し保管する共用プールでの作業や、2回目以降移送日程について「核物質の防護上、答えられない。作業終了後に公表する」としている。

ただ、容器の落下など緊急時の対応は不透明で、高線量の使用済み燃料を移送する2回目以降、作業工程の危険性はさらに高くなるとみられる。

県や双葉郡の首長は「原発周辺の避難区域に立ち入りしている住民の安全を確保するためにも、情報を公開すべき」と指摘しており、今後の情報公開の在り方が問われる。

( 2013/11/22 08:47 )

             


--------------------------------
richardkoshimizu's blog

http://richardkoshimizu.at.webry.info/
--------------------------------








by d451ddpp | 2015-06-07 23:02 | 情報拡散希望
<< 転載: 安倍がひた隠しにするT... 転載: ユダヤ人と朝鮮人が日本... >>