人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: 日本の恥、亀田八百長ボクシング、負けても初防衛。

転載: richardkoshimizu’s blog

日本の恥、亀田八百長ボクシング、負けても初防衛。       作成日時 : 2013/12/04 09:09

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201312/article_14.html




日本の恥、亀田八百長ボクシング、負けても初防衛。

もはやルールも誠実さもなにもなし。TBS亀田利権を守るためにはどんな手口も金も使う。極めて日本的でない卑しさ丸出し。

日本社会の劣化の象徴。だれもTVなど見なくなる。亀田は即刻王座を返上して100年間山にこもって修行しろ。

大毅、判定負けも一転、初防衛成功…IBF立会人のらりくらり
デイリースポーツ 12月4日(水)7時0分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131204-00000014-dal-fight

大毅、判定負けも一転、初防衛成功…IBF立会人のらりくらり

判定で敗れ、ぼうぜんと立ち尽くす亀田大毅。後方は小躍りして喜ぶソリス

「WBA・IBF世界Sフライ級王座統一戦」(3日、ボディメーカーコロシアム)

WBA・IBF世界スーパーフライ級王座統一戦は、IBF王者の亀田大毅(24)=亀田=が、計量失敗でWBAに王座を剥奪されたリボリオ・ソリス(31)=ベネズエラ=に1‐2の判定で敗れた。IBF立会人は、大毅が負けた場合は両王座が空位となると公言していたが、試合後に見解を翻した。IBFルールに基づき、大毅は王座にとどまると説明した。

“浪速の弁慶”は負けてもチャンピオンや!!2団体王座統一戦は連日のドタバタ劇で幕を閉じた。前日計量では、ソリスが体重超過でWBAに王座を剥奪された。そして、試合当日は、IBF王者の大毅がソリスに判定で敗れ、誰もが王座陥落と思ったが、IBFは王座を保持という前代未聞の結論を出した。

前日のソリスの王座剥奪後、IBF立会人リンゼイ・タッカー氏(米国)は、大毅が負けた場合は両王座とも空位となると説明したが、この日は「ルールに基づいて、IBFの王者は勝っても負けても王者のままです」と、謝罪もなく、完全に矛盾することを言い放った。

「昨日と言ったことと違うのではないか」との報道陣の追及にも、「発言に関係なく、ルールでそうなっている。昨日の計量後のルールミーティングで両陣営にも説明した」と、のらりくらり。だが、「昨日、あなたはテレビカメラの前で説明してましたよ」との指摘を受けると苦笑し、「昨日の発言は覚えていないが、そう言ったのならミステークだ」と、しぶしぶ認めた。

防衛回数に数えられるのかとの質問にも、「負けても王座のままです」と繰り返してごまかし、亀田ジム関係者が半ば強引に会見を終了。失意の大毅は会見を行わずに会場を去り、報道陣から「逃げた」との声が出た。

ずさんの一言で済ますには甘すぎるタイトルマッチの運営で、後味が悪すぎる結果となった13年の亀田家最後の試合。4日に予定されている一夜明け会見で、大毅はどのような顔で現れるのだろうか。第3弾もあるのか。




--------------------------------
richardkoshimizu's blog

http://richardkoshimizu.at.webry.info/
--------------------------------







by d451ddpp | 2015-06-20 23:16 | 情報拡散希望
<< 転載: 創価朝鮮人学会について 転載: ユダヤ金融悪魔の隠し玉... >>