人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: 中国・北京がスモッグのせいで「口を開けて話もできない都市に」―韓国紙

転載: richardkoshimizu’s blog

中国・北京がスモッグのせいで「口を開けて話もできない都市に」―韓国紙  作成日時 : 2013/12/12 07:11

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201312/article_65.html





                        



                      

               

中国の大気汚染は本当にひどい。石炭発電が主原因なので、一朝一夕には解決しない。経済発展優先で、環境対策がおろそかになり、生存を脅かすほどの惨状となっている。

日本に住む中国人は、年末年始、中国に帰省する人が多いが、環境汚染をひどく恐れている。帰省するたびに呼吸器を痛めて咳が止まらなくなる。日本に戻ると治る。

歪な経済発展が一気に中国にのしかかってきた。このままでは中国国民も黙ってはいない。共産党への批判が集中する。体制に動揺が起きる。

日本の環境技術を導入すれば、問題は解決する。中国は、今後経済発展を続けたければ、日本にすがるしかない。日本もまた、中国から飛来するPM2.5の脅威に晒されるのは御免こうむりたい。日中環境外交が必須ではあるが、安倍偽政権・習近平主席ではお話にならない。

ユダ金傀儡を排除するのが先決である。


中国・北京がスモッグのせいで「口を開けて話もできない都市に」―韓国紙

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131211-00000026-xinhua-cn

韓国紙・中央日報は9日、深刻なスモッグが中国の北京を「口を開けて話をすることもできない都市」にしたと報じた。国際在線が伝えた。

中国の多くの地域を覆っているスモッグが韓国メディアの関心を集めている。中央日報は「人を窒息させるスモッグが亡霊のように北京上空に留まっている。特に8日午前のPM2.5指数はWHO(世界保健機関)基準値(1立方メートルあたり25マイクログラム)の16.8倍に達し、屋外では分厚いマスクを着用しても鼻につくにおいがし、北京は口を開けて話をすることもできない都市と化した」と報じた。

中国中央気象台は3日連続でスモッグのオレンジ警報を発令。北京の米国大使館は「毒ガス」と称し、自国民に「外出しないよう」忠告した。それでも、中国企業は相変わらずのスタイルで経済発展を追い求めていることから、専門家は2030年までに中国の空気の質が大幅に改善されることはないとの見方を示している。

韓国の気象研究家、林韓哲氏は「中国から飛来するPM2.5問題が諸悪の根源。先週はそのせいで韓国の空は白くよどんでいた」と指摘する。韓国メディアも「中国のスモッグが海を越えて飛んでくることが、朝鮮半島の頭の痛い問題となっている」とし、政府の“監視網”の不備を非難している。

韓国環境部と気象庁は別々に中国のスモッグに関する観測を行っているが、情報の共有を頑なに拒み、問題解決を妨げている。韓国メディアは政府機関のこうした「不作為」を強く非難している。

(編集翻訳 小豆沢紀子)





--------------------------------
richardkoshimizu's blog

http://richardkoshimizu.at.webry.info/
--------------------------------





by d451ddpp | 2015-07-06 23:59 | 情報拡散希望
<< 転載: 「右派系市民団体」の違... 転載: 「日中戦争やらせてドル... >>