人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: 安倍偽政権の背後のユダヤ人は、とにかく一日も早く極東戦争を始めたい。

転載: richardkoshimizu’s blog

安倍偽政権の背後のユダヤ人は、とにかく一日も早く極東戦争を始めたい。  作成日時 : 2013/12/18 05:43

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201312/article_88.html




                      

                                                 

安倍偽政権の背後のユダヤ人は、とにかく一日も早く極東戦争を始めたい。

それを可能にするのが、特定秘密保護法であり、ゆえに、闇雲に法案成立を急いだということでしょう。

集団的自衛権の解釈変更もまた、ユダヤ人に言われて引っ張り出してきたこと。

安倍とその周辺のユダヤ豚が、一斉に戦争開始に走り始めたことは明白です。全国のお母さん方、息子さんたちが戦場に駆り出され殺される前に、覚醒者を増やして阻止しましょう。

秘密保護法の本質は、戦争遂行にあるのではないか。
投稿日:2013年10月31日

http://junwind.net/?p=1357

国家の安全に関わる最たるものは戦争です。戦争が起こりそうな時には、総理ら4大臣が中心になって情報を管理することにほかなりません。

秘密保護法案とピタリ一致します。戦争にかかわる情報が絶対に漏れないようにするための法案が秘密保護法案だといってもおかしくはないと思います。

日本版NSC法案も秘密保護法案も戦争になるかもしれない事態を想定し今から備えようとしている法案です。ここに本質があると私は睨んでいます。

端的に言えば中国との尖閣をめぐる衝突を想定していると見ています。既にシナリオが考えられていて様々なケースが想定されていると思います。

それが現実になる時に絶対の情報が漏れないようにするためには司令塔の数を絞り、漏れた場合には厳罰に処すと脅す必要があります。

秘密保護法案が成立すれば罰則の懲役10年はいずれ強化されるでしょう。死刑?。徐々に治安維持法の復活が忍び寄っていると見て良いと思います。


首相、憲法解釈変更へ意欲
http://www.daily.co.jp/society/politics/2013/12/17/0006578403.shtml

安倍晋三首相は17日、集団的自衛権に関する憲法解釈変更に取り組む強い意欲を表明した。自らが設置した有識者懇談会の会合で「個別的自衛権だけで国民の生存を守り、国家の存立を全うできるのか。弾道ミサイルなどの脅威が容易に国境を乗り越え、瞬時にわが国にやってくる時に集団的自衛権が必要ないのか」と訴えた。
外交と安全保障政策の初の包括的指針となる「国家安全保障戦略」と、今後10年程度の防衛力整備の指針「防衛計画の大綱」を閣議決定したのを踏まえ、防衛力強化に向けた議論を加速させる方針だ。

秘密保護法公布:国会法改正、新たな火種に-毎日新聞

http://mainichi.jp/select/news/20131214k0000m010146000c.html

自民党は衆参両院議長の下に国会議員による監視機関を作り、情報を漏えいした議員を国会が除名する仕組みをつくるための国会法改正を検討。





--------------------------------
richardkoshimizu's blog

http://richardkoshimizu.at.webry.info/
--------------------------------





by d451ddpp | 2015-07-11 22:35 | 情報拡散希望
<< 転載: 公明党を支配する「最奥... 転載: 北朝鮮金融ユダヤ衛星国... >>