人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: 正恩ボウヤが、張叔父さんの処刑後泣いていた?

転載: richardkoshimizu’s blog

正恩ボウヤが、張叔父さんの処刑後泣いていた?      作成日時 : 2013/12/26 06:24

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201312/article_121.html




                      

                        

                 

                      

正恩ボウヤが、張叔父さんの処刑後泣いていた?

張成沢一派の粛清は、外部勢力の策略の結果でしょう。ボウヤが主導して決めたことではないであろう。

処刑後、中国は中朝国境に人民解放軍を増派。つまり、張の処刑は「北朝鮮内部の親中勢力の排除」が目的だったのでは?だから、中朝間が緊張している?

代わりに台頭した崔竜海は軍人経験のない軍幹部。抗日パルチザン英雄の第二世代。中国との接点はなさそうです。

ユダ金が北朝鮮を「火薬庫」として温存するため、極東戦争の火種とするための粛清?…もしそうなら野蛮ですね、金融ユダヤ人は。w

正恩氏、張氏処刑後「泣いていた」執行に動揺?

読売新聞 12月25日(水)7時15分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131225-00000013-yom-int

【広州=吉田健一】北朝鮮消息筋は24日、北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)第1書記が張成沢(チャンソンテク)氏の死刑執行後、動揺しているとの見方を本紙に明らかにした。

消息筋によると、張氏の死刑執行は、急速に影響力を強めている崔竜海(チェリョンヘ)軍総政治局長、金元弘(キムウォンホン)国家安全保衛部長ら幹部3人が建議し、正恩氏が命令書に署名した。だが、正恩氏は、処刑から5日後の17日、平壌体育館で行われた金正日(キムジョンイル)総書記死去2年の中央追悼大会に出席した際、「直前まで泣いていた」という。

この消息筋は、「正恩氏は死刑があれほど早く執行されるとは思っていなかったらしい。自分の手で叔父を殺してしまったことで、精神的に不安定になっていると聞いた」と話した。


緊迫の中朝国境 北朝鮮が中国に報復も 人民解放軍を増援で有事に備える中国

2013.12.19

http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20131219/frn1312191534007-n1.htm

中朝国境の町・北朝鮮新義州では、兵士(左奥)らが中国側に警戒の視線を向けている=14日(共同)【拡大】

叔父でナンバー2の張成沢元国防副委員長を銃殺し、火炎放射器で焼く…。身も凍る粛清を行った北朝鮮の金正恩第1書記。その北と習近平国家主席率いる中国に緊張が走っている。習指導部は不測の事態を想定し、中朝国境付近に人民解放軍を増援したもようだ。恐怖政治におびえる北の人民が難民となって押し寄せるのを防ぐ目的もあるが、もう一つ、正恩体制による報復に備えているという。北が中国に逆襲とは一体どういうことなのか。

血の粛清で国内を凍り付かせ、核開発で国際社会を翻弄した金正日総書記が死去して2年。命日の17日、平壌で開かれた中央追悼大会は、文字通り、恐怖で支配する独裁国家らしい一日となった。

若き指導者、正恩氏を支えた叔父で最側近の張氏の姿はない。国家転覆陰謀の重大な罪を犯したとして5日前の12日、国家安全保衛部の特別軍事裁判で死刑判決が下り、即日執行されていた。

韓国メディアなどによると、その処刑方法は残忍さを極め、マシンガンで蜂の巣にされ、肌が焼けた痕跡があることから火炎放射器が使われた可能性もあるという。

裏切り者は親族であろうと処刑する。さすがの人民たちも動揺を隠せず、「国内はざわついたまま収拾がつかない」(韓国筋)状態のようだ。

混乱する北を踏まえ、習指導部は不測の事態を想定し、中朝国境沿いの遼寧、吉林、黒竜江の各省などで構成する瀋陽軍区に、すでに人民解放軍を増援。戦闘機のほか特殊部隊を回したとの情報もある。


正恩ボウヤが、張叔父さんの処刑後泣いていた?

張成沢一派の粛清は、外部勢力の策略の結果でしょう。ボウヤが主導して決めたことではないであろう。

処刑後、中国は中朝国境に人民解放軍を増派。つまり、張の処刑は「北朝鮮内部の親中勢力の排除」が目的だったのでは?だから、中朝間が緊張している?

代わりに台頭した崔竜海は軍人経験のない軍幹部。抗日パルチザン英雄の第二世代。中国との接点はなさそう。

ユダ金が北朝鮮を「火薬庫」として温存するため、極東戦争の火種とするための粛清?…もしそうなら野蛮ですね、金融ユダヤ人は。w

正恩氏、張氏処刑後「泣いていた」執行に動揺?

読売新聞 12月25日(水)7時15分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131225-00000013-yom-int

【広州=吉田健一】北朝鮮消息筋は24日、北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)第1書記が張成沢(チャンソンテク)氏の死刑執行後、動揺しているとの見方を本紙に明らかにした。

消息筋によると、張氏の死刑執行は、急速に影響力を強めている崔竜海(チェリョンヘ)軍総政治局長、金元弘(キムウォンホン)国家安全保衛部長ら幹部3人が建議し、正恩氏が命令書に署名した。だが、正恩氏は、処刑から5日後の17日、平壌体育館で行われた金正日(キムジョンイル)総書記死去2年の中央追悼大会に出席した際、「直前まで泣いていた」という。

この消息筋は、「正恩氏は死刑があれほど早く執行されるとは思っていなかったらしい。自分の手で叔父を殺してしまったことで、精神的に不安定になっていると聞いた」と話した。


緊迫の中朝国境 北朝鮮が中国に報復も 人民解放軍を増援で有事に備える中国

2013.12.19

http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20131219/frn1312191534007-n1.htm

中朝国境の町・北朝鮮新義州では、兵士(左奥)らが中国側に警戒の視線を向けている=14日(共同)【拡大】

叔父でナンバー2の張成沢元国防副委員長を銃殺し、火炎放射器で焼く…。身も凍る粛清を行った北朝鮮の金正恩第1書記。その北と習近平国家主席率いる中国に緊張が走っている。習指導部は不測の事態を想定し、中朝国境付近に人民解放軍を増援したもようだ。恐怖政治におびえる北の人民が難民となって押し寄せるのを防ぐ目的もあるが、もう一つ、正恩体制による報復に備えているという。北が中国に逆襲とは一体どういうことなのか。

血の粛清で国内を凍り付かせ、核開発で国際社会を翻弄した金正日総書記が死去して2年。命日の17日、平壌で開かれた中央追悼大会は、文字通り、恐怖で支配する独裁国家らしい一日となった。

若き指導者、正恩氏を支えた叔父で最側近の張氏の姿はない。国家転覆陰謀の重大な罪を犯したとして5日前の12日、国家安全保衛部の特別軍事裁判で死刑判決が下り、即日執行されていた。

韓国メディアなどによると、その処刑方法は残忍さを極め、マシンガンで蜂の巣にされ、肌が焼けた痕跡があることから火炎放射器が使われた可能性もあるという。

裏切り者は親族であろうと処刑する。さすがの人民たちも動揺を隠せず、「国内はざわついたまま収拾がつかない」(韓国筋)状態のようだ。

混乱する北を踏まえ、習指導部は不測の事態を想定し、中朝国境沿いの遼寧、吉林、黒竜江の各省などで構成する瀋陽軍区に、すでに人民解放軍を増援。戦闘機のほか特殊部隊を回したとの情報もある。




--------------------------------
richardkoshimizu's blog

http://richardkoshimizu.at.webry.info/
--------------------------------




by d451ddpp | 2015-07-20 22:26 | 情報拡散希望
<< 転載: 創価裁判官100匹。 転載: RKの未来の歴史教科書... >>