人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: 安保法案、創価内紛、ユダヤ米国崖っぷち。

転載: richardkoshimizu’s blog

安保法案、創価内紛、ユダヤ米国崖っぷち。      作成日時 : 2015/07/23 10:48

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201507/article_143.html




                       


巷では、ユダヤ金融馬鹿が安倍晋三に命令した戦争法案強行策が大波乱を引き起こし、創価学会内部では、統一教会自民党のいいなりの公明党を公然と批判する勢力が表に出てきた。戦争に歯止めをかけようとしない創価に嫌気をさして、脱会の動きも?


2015/7/23 06:00

昨日、打ち合わせで入った喫茶店の隣の席で、創価信者らしきグループが脱会希望者への説得を繰り広げていて、その内容がもう、コントかと思うくらい低レベルで… 脱会希望者の「単に利用されているだけじゃないですか!」「自民党の抑止力になっていない」の二言で説得要員瞬殺。 最後まで同席できなかったのが残念! 確実に内部崩壊が進んでいると実感しました。

み~


何やら、公明党のヤギさんのピンクポスターが創価信者の手で撤去されている?全国的動き?そして、反安保法案創価デモでは、ヤギさんのポスターに「仏罰」のレッテル。


                                     


2015/7/23 06:44

携帯からです。 異変です(笑) 近所の団地の窓に掲げられていた、ピンクのヤマグチのポスターが外されていました。 以上、報告終わり ケイレイ(笑)

been


創価学会が北朝鮮(済州島)在日人脈によって中枢を支配されているとは、露とも知らない一般日本人信者。その中枢の在日たちが、統一教会自民党の在日たちと徒党を組んで、安倍晋三の日中戦争計画に加担しようとしている。これが、シンプルな真相なんです。そこに、一般信者が気づいたら.....

一方、無能の代名詞、安倍晋三は、裏社会仲間の統一教会フジテレビに出演して、安保法案をわかりやすく解説したつもりが、ますます、不信感を国民に芽生えさせ、まったくの逆効果。法案の背後にアメリカがいると国民に分からせるだけの藪蛇....じゃなかった、藪からアナコンダ。フジもそんなつもりじゃなかったんだろうが。

2015/7/22 21:21

安倍総理、お仲間フジテレビでも『裸の総理』と言われる。

https://www.youtube.com/watch?v=VN18W9pKcjs

なんか安保法案を近所の火事に例えて、相変わらず滑舌悪く、必死に説明するも、誰も賛同していない。あげくにやくみつるから『裸の総理になりますよ』って指摘され、最後に『アメリカが放火する事があるんです』と、トドメを刺され、反論出来ず。 馬鹿丸出しの総理、

噂タク




           

                                      


「理解すればするほどこんな違憲であることが明白な法案」という声があちこちから聞こえてくる。ユダ金から強要された法案を、安倍風情に説明などできるわけがない。


2015/7/23 07:38

【国民は「安倍の頭脳程度が理解できない」と言っている】

◆国民と首相 バカなのはどっちだ?(日刊ゲンダイ)

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/161990

【抜粋】 こういう子供だましのような“例え話”をさかんに持ち出すのは、安倍が、国民はバカだから難しい安保や法律のことは理解できないでいるので、噛み砕いて説明してやらなければ、と思っているからだろう。 しかし国民は、この法案が「理解できない」のではなくて、理解すればするほどこんな違憲であることが明白な法案を出してくる安倍の頭脳程度が「理解できない」と言っているのである。

special thanks


日本が戦争法案で紛糾している間にも、安倍晋三の飼い主、ユダヤ米国は、日々、存在感を失い、世界経済の主導権を中露に奪われている。

「米ドルの崩壊が起こる前に米ドルから逃げなければいけない。いつか終わる日が来るまで、すべてが完璧に見えるものだ。」

ドル崩壊は、突然、やってくる。世界の民は、何も知らずに惰眠を貪っているが、突如、たたき起こされ、阿鼻叫喚の事態に翻弄される。

露ネット・メディアGazeta.ruのジム・ロジャーズ氏へのインタビューから

ロシアがアジアにおけるパートナーとなるのは時間の問題だった。このままロシアがアジアの主要なパートナーとなってしまえば、米国はアジア市場でのチャンスを失う。米国は自分の足を撃ってしまったようなものだ。

アジア市場は30億人、欧米を合わせた人口10億人超よりもはるかに大きい。ロシアは、10億人の借り手より30億人の貸し手と仲良くしたいだろう。

双子の赤字を考えれば、米ドルはひどい状況にある。

一方、ロシアはギリシャとは違い、債務が少なく、ルーブルは交換可能通貨だ。新興国の中でもユニークな状態にある。原油安を考慮すれば、現在のルーブル相場は正常な水準だ。原油相場が安定すれば、ルーブルの相場環境は改善するだろう。

仮にルーブルとドルに関する事実を書き出し、通貨を明かさずに人々に見せたら、みなルーブルを買いたがり、誰もドルを買おうとはしないだろう。しかし、通貨を明かした途端、みんなドルを買う。

米ドルの崩壊が起こる前に米ドルから逃げなければいけない。いつか終わる日が来るまで、すべてが完璧に見えるものだ。同じことが英国、フランス、スペイン、ギリシャについても言える。株は往々にして倒産の2~3年前まで上げ続ける。

善玉コレステロール
2015/07/22 21:02


ユダ金さん、いまさら、戦争を起こそうと躍起になっても、もう「遅い」と思います。

日本に飼っている家畜どもなど見捨てて、さっさと、撤収し、地下に潜んだ方がよさそうです。さもないと、怒った大衆にチャウシェスクされますよ。w



--------------------------------
richardkoshimizu's blog

http://richardkoshimizu.at.webry.info/
--------------------------------



by d451ddpp | 2015-08-01 23:25 | 情報拡散希望
<< 転載: 日本の安保法制は日本の... 転載: S価を無理に退会される... >>