人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: TPP、空中分解の危機 「次が駄目なら大変なことになる」

転載: richardkoshimizu’s blog

TPP、空中分解の危機 「次が駄目なら大変なことになる」     作成日時 : 2014/01/12 16:03

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201401/article_51.html






                      

                                                    

TPPが空中分解となれば、ユダヤ金融悪魔の「私企業による国家乗っ取り」作戦は水泡に帰するわけでして、たいへん慶賀すべき事態です。マレーシア、ベトナムの皆様、「関税や知的財産などの難航分野」で徹底的にごねてください。「次が駄目なら、TPPは絵に描いたパンケーキ」に終わります。是非とも頓挫させてください!

TPP断念が世界を悪魔の手から救います。情報感謝。

TPP、空中分解の危機 「次が駄目なら大変なことになる」

2014.1.12 14:30 (1/3ページ)
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/140112/fnc14011214300001-n1.htm

環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)交渉が“空中分解”の瀬戸際にある。交渉参加12カ国は次回の閣僚会合を2月に開く方向で調整する。だが、関税や知的財産などの難航分野で解決の糸口はなく、開催しても物別れに終わる懸念は強い。交渉の長期化を回避するには、強硬姿勢を崩さない米国がどこまで譲歩を示すかが鍵となる。

「次が駄目なら大変なことになるという認識では、各国とも一致している」。日本政府の交渉関係者は、次回閣僚会合が早期妥結の正念場だと強調する。

参加12カ国は昨年12月にシンガポールで閣僚会合を開いたが、難航分野で歩み寄りはなく、昨年中の妥結を断念。共同声明には次回閣僚会合を今年1月に開催すると明記した。

当初、12カ国は1月22日からスイスで開かれる世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)の直後に、ロンドンで開くことを検討した。だが、米国などがクリスマス休暇に入り、各国の意見調整が十分できないことから、閣僚会合には時期尚早と判断した。

その後、12カ国は2月中旬の開催で改めて調整に入ったが、依然「閣僚が集まっても、まとめるのは難しい」(交渉関係者)状況が続いている。前段となる首席交渉官会合の日程もまだ固まっていない。



--------------------------------
richardkoshimizu's blog

http://richardkoshimizu.at.webry.info/
--------------------------------




by d451ddpp | 2015-08-15 23:18 | 情報拡散希望
<< 転載: 正木正明理事長は一貫し... 転載: 朝鮮状をいただきまして... >>