人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: 名護市長選は不正選挙ができず、自民候補が敗退。でも国政の方は不正選挙で磐石です。

転載: richardkoshimizu’s blog

名護市長選は不正選挙ができず、自民候補が敗退。でも国政の方は不正選挙で磐石です。 作成日時 : 2014/01/20 06:34

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201401/article_98.html







名護市長選は不正選挙ができず、自民候補が敗退。でも国政の方は不正選挙で磐石です。

名護市長選で、自民公明裏社会が「期日前投票差し替え」「ムサシ投票改ざん装置」の手口を使えなかったため、自民候補が落選。辺野古移転反対派が勝利。あたりまえ。

安倍偽総理:「国政選挙では不正で必ず勝ちますので、従来通り、国民の意思は無視してユダヤ米国様に奉仕します。国民の批判が高まったら辞任して、次の傀儡の麻生に政権を渡しますのでユダヤ様、ご安心を。ムサシさん、創価学会さんよろしく。」といったとか言わないとか。

名護市長選、稲嶺氏が再選 辺野古移設に反対

2014年1月20日01時10分

http://www.asahi.com/articles/ASG1M52SPG1MTIPE01Q.html

米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設計画への賛否が最大の争点となった沖縄県名護市長選は19日、投開票され、同市辺野古への移設に反対する現職の稲嶺進氏(68)が、移設推進を掲げた新顔の前自民県議、末松文信(ぶんしん)氏(65)=いずれも無所属=を破り、再選を果たした。安倍政権は移設方針を堅持する考えだが、反対派の勝利で道のりは険しくなった。




--------------------------------
richardkoshimizu's blog

http://richardkoshimizu.at.webry.info/
--------------------------------







by d451ddpp | 2015-08-30 22:11 | 情報拡散希望
<< 転載: 南相馬市長選、脱原発の... 転載: 朝鮮マイノリティーによ... >>