人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: 小保方博士: しっかし、すごいな、日本人てえのは

転載: richardkoshimizu’s blog

小保方博士: しっかし、すごいな、日本人てえのは 作成日時 : 2014/02/02 09:45

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201402/article_8.html







小保方博士: しっかし、すごいな、日本人てえのは

小保方博士の「しつこさ」「忍耐力」。これなんですよ、日本人が奪われてしまったものは。研究室の片隅で寝食を忘れて研究開発に没頭する。金と時間を与えてじっくりと成果を待つ組織。気が付いたら世界に先駆けた研究成果が生まれ、製品化されていく。それが企業を飛躍させる。

この日本的「成功への道」を絶ったのが、時価会計。そして外国人株主。短期的利益を生み出して、株主様に「配当」や「内部留保」で貢献しないとクビになる経営陣。目先の利益を出そうと削られる研究開発費。結果、日本企業は二流三流の国と「安い人件費」だけで競争する二等国家になった。

小保方博士には、ユダヤノーベル賞財団も賞を授与せざるを得ないであろう。そうなれば、苦しい状況の研究者には励みになる。企業も目が覚める。そうなれば小保方博士の功績は大きい。情報感謝。

「STAP細胞」の小保方さんにネットユーザーからも熱い視線、「可愛すぎる!」「研究成果をパクられないでね!」―中国

http://www.xinhua.jp/rss/372575/

弱酸性の刺激を与えるだけという簡単な方法で「万能細胞」の作製に世界で初めて成功した日本の理化学研究所(神戸市)の小保方晴子・研究ユニットリーダーらのチームに、中国からも熱い視線が注がれている。

「STAP細胞」と名付けられ、英科学誌ネイチャーで発表された。「iPS細胞」や「EPS細胞」とは違うより簡単な手法で、使用の際の安全性も高いという。マウスを使った実験で成功した段階だが、ヒトの細胞でも同じことができれば、再生医療への応用に期待できる。 31日、中国の複数メディアでこのニュースが伝えられると、多くの中国ネットユーザーが中国版ツイッター「新浪微博」で感想をつづった。「女子力の高いリケジョ」として一躍脚光を浴びた小保方さんへの注目度も高い。

とくお





--------------------------------
richardkoshimizu's blog

http://richardkoshimizu.at.webry.info/
--------------------------------






by d451ddpp | 2015-09-15 22:19 | 情報拡散希望
<< 転載: 二山治雄君: しっかし... 転載: 「台風、竜巻、暴風雨は... >>