人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: 関税など3分野、交渉難航 TPP閣僚会合開始

転載: richardkoshimizu’s blog

関税など3分野、交渉難航 TPP閣僚会合開始 作成日時 : 2014/02/23 09:30

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201402/article_102.html









TPP交渉、順調に暗礁に乗り上げています。

このままぜひとも難破し」沈没していただきたい!

....というかユダ金も本心ではもう諦めているのでは?

ユダ金、やることなすこと中途半端で実現せず。


大将、皆様おはようございます!そして大将お疲れ様です!スレチ失礼します!

関税など3分野、交渉難航 TPP閣僚会合開始

環太平洋経済連携協定(TPP)交渉の閣僚会合が22日、シンガポールで始まった。最大の課題になっている日米の関税交渉では、22日も両国が協議したが、溝が埋まらず、平行線だった。交渉の大筋合意に向けては、「関税」と同様に難航している「知的財産」「国有企業」分野でどう折り合えるかも焦点だ。

 「大変厳しい交渉をしたが、双方の立場の差は埋まっていません」

 この日、米通商代表部(USTR)のフロマン代表と会談した甘利明TPP相は会談後、疲れた表情でそう記者団に語った。約1時間にわたって話し合ったが、米国の譲歩は全く引き出せなかったという。

日米の関税交渉の焦点は、日本が関税維持をめざすコメと麦、砂糖、牛・豚肉、乳製品の「重要5項目(586品目)」と呼ばれる農産品の扱いだ。米国は5項目を含む全品目の関税撤廃を求めている。

日本は昨年までの交渉で、全輸入品の約6・5%を占める586品目を関税撤廃の対象から外すことを要求。米国などの交渉参加国には自由化率(全輸入品に占める関税をなくす品目の割合)が92%程度になる関税撤廃案を示してきた。

しかし、この案には米国が「例外にしようとする品目が多すぎる」として、関税撤廃の範囲を広げるよう強く要求している。

米国だけではない。その他の国々も「日本は貿易自由化の水準が低い」と反発。交渉関係者によると、日本を除く11カ国は全品目の関税撤廃を「めざす」ことでは合意しているという。関税撤廃に消極的とみられている日本は、孤立しかねない状況だ。

それだけに日本も、586品目のうち、輸入の実績がないものなど、関税をなくしても影響が少ない品目の関税をなくしたり、米国の関心が高い牛・豚肉の関税を引き下げたりする案を検討している。

日米交渉がカギを握る「関税」以外で、難航しているのは、「知的財産」と「国有企業」の2分野だ。

知的財産の分野では、新薬メーカーが多い米国が新薬特許の保護強化を求めている。これに対して、特許切れの後発薬が普及しているベトナムなどの新興国が「薬が高くなり、貧困層が困る」などとして反発している。米国
は、国民の所得が低い途上国は例外にするという一定の譲歩も見せているが、まだ合意には至っていない。
 
また、国有企業について、米国は「優遇策の禁止」を要求。マレー系住民の優遇策があるマレーシアや、王族が実質的に経営権を握っている企業が多いブルネイなど、国有企業が多い新興国が反対する構図だ。

初日の閣僚会合では、こうした課題について、対立が激しい二国間で話し合う時間を長くとった方が解決しやすいという考えで一致し、全体会合を約1時間と早めに切り上げ、二国間協議の時間を増やした。閣僚会合は25日まで開かれる。各国の利害は、さまざまな分野で複雑にからみあっており、最終日までぎりぎりの交渉が続きそうだ。

是非とも空中分解で終わっていただきたいところです!公約違反だけは避けてもらいたい!何の利益もないこんな理不尽すぎる要求は絶対飲めんわい!売国奴甘利どうでる!?では失礼します!

JOTXーTV




--------------------------------
richardkoshimizu's blog

http://richardkoshimizu.at.webry.info/
--------------------------------








by d451ddpp | 2015-10-13 00:21 | 情報拡散希望
<< 転載: 戦争法案反対! 公明党... 転載: 「ヒトラーがアルゼンチ... >>